【正規販売代理店】費用無料!コスモウォーターでメンテナンスが不要な理由!


コスモウォーターのメンテナンスについて


「コスモウォーターのメンテナンスは、どうやればいいんだろう」
「メンテナンスの料金はどれくらいかかる?」

このような疑問を感じていないでしょうか。

ウォーターサーバーがあれば冷水や温水をいつでも使えて便利ですが、気になるのはメンテナンス方法。

なんだか難しい作業が必要であったり、高いメンテナンス料がかかってしまうイメージがありませんか?

しかしコスモウォーターは他のウォーターサーバーと比べて負担が少なく、メンテナンス料を一切かけずに使うことが可能なのです。

この記事ではコスモウォーターのメンテナンスについて、詳しく解説していきます。

ウォーターサーバーはメンテナンスをしないと雑菌が繁殖する

雑菌が繁殖してしまうのは、以下2つの理由からです。

1.水道水のように塩素が含まれていない
2.吸水口が外気にさらされている

水道水には、健康に害のない量の塩素が含まれています。

なぜかというと、塩素には強い殺菌作用があるためです。

採水地で汲み上げた水には、病原菌やウイルスが含まれています。

そのため健康に害のない量の塩素で殺菌し、水の安全性を保っているのです。

しかしウォーターサーバーの水には、塩素が含まれていません。

汲み上げた水を加熱殺菌してはいますが、塩素消毒に比べると水が痛みやすくなっています。

また吸水口が外気に触れているため菌やカビがつきやすい状態で、吸水口を通して水に入ってしまう可能性があります。

コスモウォーターはサーバー内の定期的なメンテナンスが不要

水の衛生面を保つために1番重要なのはサーバー内のメンテナンスですが、自分で行うには難しいもの。

多くのメーカーでは定期的なメンテナンスを行っていますが、その分お金がかかってしまいます。

しかしコスモウォーターは、メンテナンスなしで内部をきれいに保つことが可能!

なぜかというと、以下2つの特許技術が備わっているからです。

1.クリーンエアシステム…タンク内の外気をクリーン化し、雑菌の侵入を防ぐ
2.クリーンサイクルシステム…48時間ごとに熱気を循環させ、きれいな状態に保つ

この2つの機能を「Wクリーンシステム」といい、これによりサーバー内部が自動的にきれいな状態で保たれます。

そのためメーカーによるメンテナンス料もかかりません。

ただサーバーの外装や吸水口など、定期的な手入れが必要な箇所もあります。

次は手入れが必要な箇所と、具体的な方法を解説していきます。

コスモウォーターで最低限行っておくべきメンテナンス

コスモウォーターもサーバー外部の手入れは必要。

とはいえ簡単なものなので、やり方さえ分かればすぐに行えます。

最低限行っておくべき箇所は、以下の3つです。

1.吸水口の周り
2.ウォーターサーバーの外装
3.水ボトルの差込口の周り

順番に見ていきましょう。

1.吸水口の周り

前述したように吸水口は外気に触れているため、周りに菌やカビなどが付着し水に混ざってしまうかもしれません。

アルコール除菌スプレーで吸水口の周りを消毒し、ふきんで拭き取りましょう。

綿棒を使うと吸水口の中が掃除しやすいので、ふきんと合わせて使うのがおすすめです。

吸水口は水の安全性に直結する箇所なので、他の場所よりこまめにメンテナンスを行いましょう。

最低でも1週間に1回ですが、数日おきくらいでやっておくとより安全です。

2.ウォーターサーバー本体

サーバー本体はホコリがたまりやすいです。

1週間に1回くらいの頻度で清潔なふきんやキッチンペーパーを使い、ホコリなどの汚れを拭き取りましょう。

汚れがひどい箇所は、中性洗剤を使って拭きとってください。

3.水ボトルの差込口とボトルバスケット

吸水口だけでなく、水ボトルの差込口周りからも雑菌が入る可能性があります。

ボトル交換時に差込口の周りにアルコール除菌スプレーをかけて、ふきんを使って拭き取りましょう。

またコスモウォーターには、水ボトル交換時に使う専用のバスケットがあります。

こちらもボトル交換時にふきんを使って汚れを拭き取りましょう。

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

・定期的なメンテナンスをしないと雑菌が繁殖する
・コスモウォーターはサーバー内部の定期的なメンテナンスが不要
・サーバー外部の簡単な手入れはこまめに行う

ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスをしないと、雑菌が繁殖し水の安全性を保てなくなります。

水道水は健康に害のない量の塩素で消毒されていますが、ウォーターサーバーの水は加熱殺菌のみ。

また、給水口が外気にさらされているため、菌やカビが付着しやすいです。

しかしコスモウォーターは「Wクリーンシステム」という特許技術が備わっているため、サーバー内部のメンテナンスが不要。

メーカーによるメンテナンス料も一切かかりません。

ただサーバー本体や給水口といった外部の手入れは必要。

数日〜1週間に1度くらいの頻度で、消毒や拭き取りといった簡単な手入れを行いましょう。

コスモウォーターはサーバー内部のメンテナンスが不要なので、他のウォーターサーバーと比べて手間がかかりません。

簡単なメンテナンスだけで、安全性が保たれた美味しい水を味わえますよ。

商品ページはこちら▷

SNSでもご購読できます。