裏ワザ公開!クリクラは電気代が高い?電気代を抑える方法! ウォーターサーバーには費用が掛かり、その一つが毎月の「電気代」です。 実際、サーバーによって電気代は変わってきますのでサーバーを検討している方はこの電気代も考慮しなければなりません。 実際に使用される前に電気代がいくらかかるか知らない方もたくさんいると思います。 今回は宅配水大手のクリクラの電気代を詳しくまとめましたので是非、参考にしてみてください。 サーバーは冷蔵庫や電気ポットと変わらない? 一般的にウォーターサーバーの電気代は冷蔵庫と変わらないと言われています。 冷蔵庫の電気代は大きさや容量、性能で変わってきますが大きさの平均値250Wで平均的に年間8,000円~10,000円と言われています。 月額料金に換算すると約600円~800円ほどです。 ウォーターサーバーの毎月の電気代は約500円~1,000円ほどなので同じくらいです。 冷蔵庫には搭載されていない温めるという機能が付いている為、意外にも電気代が掛かります。 また電気ポットもウォーターサーバーと比較をしてみました。 電気ポットはお湯を沸かすのに消費電力が1,300Wかかってしまいます。 年間でかかっている電気代は8,000円~になり、月額料金に換算すると約600円~となりますので、 電気ポットはお湯を保温・使用するだけで月間の費用がかかってしまいます。 使用されている利用環境や使用頻度にもよるので一概にどちらの費用が高いかは断定できませんが、電気ポッドと費用は大きく変わることはなさそうです。 クリクラの電気代は高い? ウォーターサーバーは3人家族で毎月約24ℓの水を消費すると言われています。 その消費ペースを基準に電気代を計算してみました。 ◎クリクラの電気代 クリクラサーバー 月額約800円~ 省エネサーバー 月額約535円~ クリクラFIT 月額約1,000円~ 概ねの計算にはなりますが、冷蔵庫や電気ポットよりも月額電気代が掛かる場合があるようです。 一体何故、クリクラサーバーはそんなに掛かってしまうのでしょうか。 ◎エコモードが無い クリクラサーバーやクリクラFITにはエコモードが付いていません。 お湯と冷水がいつでも使えるというシンプルな機能のみになります。(サーバーレンタル代無料) 一方で、省エネサーバーの月額電気代は当社比最大約55%OFF!使うほどお得な省エネサーバーがあります。 省エネサーバーは新型シーズヒーター採用により熱効率がはるかに向上。 更に温水タンクの保温性も向上し、従来のクリクラサーバーに比べ電気代を55%削減。 従来のクリクラサーバーよりも大幅に電気代を抑えて利用できるようになっています。 省エネサーバーは初回金7,000円(税抜)かかりますが、月額の電気料金がお得なため11ヵ月以上継続してご利用いただくと累計コストはクリクラサーバーはお得になります。 クリクラの電気代を安くする裏ワザ! 電気代が高いならクリクラのサーバーを諦めようという方もいるかもしれません。 ですが、実はクリクラの電気代を抑える方法があります。 いくつか紹介するので検討中の方も利用中の方も是非、参考にしてみてくださいね。 ◎置く場所を変える ウォーターサーバーの電気代が掛かる理由にはサーバー以外に問題がある場合もあります。 利用環境によって余計な電気代を発生させてしまう恐れがあります。 例えば、サーバーの近くにストーブなどの熱源を置く、エアコンの温風が直接当たるなどした場合に余計な電気代が発生する恐れがあります。 温度が上下しやすい環境下ではサーバーは温度を調節する為に電力を多く使用するのです。 熱源の近くに設置するのを避け、気温の変化の少ない所に設置しましょう。 ◎サーバーの背面に隙間を作る サーバーは水を冷やす為にサーバー内の熱を背面から放出します。 効率よく熱を放出させる為には、壁との間に隙間を作りましょう。 ◎サーバー背面のお手入れ 長期間使用するとクリクラのサーバーの背面にはほこりが付着します。 ほこりが熱の放出を妨げる恐れがあるので定期的に清掃しましょう。 ◎直射日光を避ける 窓際にサーバーを設置した場合、直射日光が当たることがあります。 タンクの温度が上昇すると、冷却する為に余計な電力を消費してしまいます。 出来れば、日中風通しの良い場所に設置しましょう。 ◎お湯の電源を切ってはいけない これは絶対にやってはいけません! クリクラのサーバーの背面にはお湯の電源スイッチがあります。 お湯だけ電源を切る方もいるかもしれませんが、水の鮮度が落ちてしまい衛生的に良くありませんのですぐにやめましょう! お湯のタンクはお湯の温度で熱殺菌しています。 つまり、電源を切るとお湯のタンク内は熱殺菌されず不衛生になるのです。 コンセントを抜くのも同様に絶対やめましょう。 まとめ クリクラウォーターサーバーを使用するだけで節約効果は様々な個所で表れます。 冷蔵庫の電気代の削減。 冷たいお水を取り出す開け閉めにかかる冷蔵庫の電気代が削減できます。 スーパーやコンビニに買いに行く手間がなくなる。 ペットボトルを購入するためにかかるガソリン代や重たい荷物を持ち運びしなくなります。 トータルで手間暇を考えると非常に有効です。 今回の電気代の内容を踏まえ、是非ご参考して頂ければと思います。