ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの電気代を比較!全12社26種類を比べてみた【一覧表】

更新日:

ウォーターサーバーの電気代を比較

ウォーターサーバーの電気代って、安いのか高いのか判断は難しいですよね。

実は冷蔵庫の電気代は約600~800円/月になりますが、ウォーターサーバーは「月500円以下だと安い」サーバーになります。

ウォーターサーバーを契約して、ふたを開けたら電気代が高かったというオチだけは避けたいです。

そこでウォーターサーバーの1ヵ月間にかかる電気代を全12社26種類で比較しました。

また、ウォーターサーバーの電気代が上がりやすい間違った使い方も解説しています。

ウォーターサーバーの電気代を比較!全12社早見表

メーカー | サーバー名 電気代(1ヵ月)
フレシャス | デュオ 330円~
アクアクララ | アクアアドバンス 350円~
うるのん | うるのんグランデ 390円~
コスモウォーター | Smartプラス 474円~
プレミアムウォーター | スリムサーバーlll 500円~
クリクラ | 省エネサーバー 535円~
ウォーターワン | JLサーバー 640円~
アクアセレクト | アクアセレクトライフ 680円~
富士の湧水 700円~
ネイフィールウォーター | らく楽スタイルウォーターサーバー 800円~
富士桜命水 800円~
Kirala(キララ) 1,000円~

では、電気代が安いウォーターサーバーTOP6を詳しく紹介していきます。

フレシャス | デュオ(電気代330円~)

フレシャスのデュオサーバー

フレシャスの電気代はウォーターサーバー業界最安値と言われています。

電気代が圧倒的に安い理由は「3つの省エネ機能が搭載」されているからです。

フレシャスの省エネ機能

1.SLEEP機能
部屋の明るさを感知して、就寝時などサーバーを使用しない時間帯は自動的にヒーターの電源をオフにする。

2.エコモード
温水温度を通常よりも15℃低くすることで消費電力を抑える。

3.デュアルタンク
冷温水タンクを分けることで熱干渉を減少させ余計な加熱や冷却を防ぎ大幅な節電ができる。

フレシャスの電気代一覧

サーバー 電気代
デュオ 330円~
スラット 380円~
デュオ ミニ 490円~
サイフォンプラス 750円~
アクウィッシュ 750円~
サイフォンスリム 950円~

アクアクララ | アクアアドバンス(電気代350円~)

アクアクララのアクアアドバンス

アクアクララはフレシャスについで業界2位の電気代の安さを誇ります。

アクアクララの省エネ機能

ダブル省エネモード
タイマーで2つまで省エネ時間をセットできる。

他社メーカーは省エネモードをセットする為にスイッチを押さなければならず、押し忘れで節電ができないことが頻繁にあります。

しかし、アクアクララのタイマー機能なら就寝時と日中の外出時など2つの時間帯をセットでき、確実に節電ができるのです。

アクアクララの電気代一覧

サーバー 電気代
アクアアドバンス 350円~
アクアウィズ 475円~
アクアファブ 800円~
アクアスリム 900円~

うるのん | うるのんグランデ(電気代390円~)

うるのんのウォーターサーバー

うるのんはTOKAIグループのウォーターサーバー事業として運営されており、東日本での知名度は高いです。

ドラえもんをCMキャラクターにしていたこともあり、お子様のいる家庭に人気のウォーターサーバーですね。

うるのんの省エネ機能

ライトセンサー搭載
部屋が暗くなるのを感知して就寝時など効率的に節電します。

うるのんの電気代一覧

サーバー 電気代
うるのんグランデ 390円~
スタンダードサーバー 1,000円~

コスモウォーター | Smartプラス(電気代474円~)

スマートプラスの5種類

ウォーターサーバー業界では非常に有名なコスモウォーターは4番目に電気代が安いです。

コスモウォーターの省エネ機能

エコモード
エコボタンを押すことで温水機能を一時的に停止して、消費電力が最大60%オフになります。

また、コスモウォーターで契約できるサーバーは現在Smartプラスのみになります。

プレミアムウォーター | スリムサーバーlll(電気代500円~)

プレミアムウォーターのcado

プレミアムウォーターはとスリムサーバーlllとcado(カドー)にだけエコモードが搭載されています。

ですので、この2つ以外のサーバーを選んだ場合は電気代が高くなってしまいます。

プレミアムウォーターの省エネ機能

1.エコモード
光センサーが部屋の明るさを感知して、暗くなった時に自動的に温水タンクの電源をオフにします。

プレミアムウォーターの電気代一覧

サーバー 電気代
スリムサーバーlll 500円~
cado 670円~
amadana ウォーターサーバー 980円~
QuOL 1,020円~
amadana スタンダード 1,100円~

クリクラ | 省エネサーバー(電気代535円~)

クリクラのウォーターサーバー

宅配水の大手であるクリクラですが、従来のサーバーには省エネ機能がありません。

しかし、省エネに特化したウォーターサーバーもあるのです。

クリクラの省エネサーバー

クリクラの省エネサーバー

新型ヒーターを採用したことで熱効率が向上し、クリクラサーバーに比べ電気代を最大58%も削減できます。

クリクラの電気代一覧

サーバー 電気代
クリクラ省エネサーバー 535円~
クリクラ 800円~

ウォーターサーバーの電気代が高くなる間違った使い方

せっかく電気代が安いのに、間違った使い方をすると高くなることがあります。

4つの間違った使い方

1.サーバーを熱源の近くに置く
2.サーバーが壁に接近し過ぎ
3.サーバー背面がホコリだらけ
4.コンセントを頻繁に抜く

ほとんどの方は知らずに、エコモードで節電した電気代を台無しにしています。

これからウォーターサーバーを使う予定の方も、使っている方もしっかりチェックしましょう。

1.サーバーを熱源の近くに置く

サーバーに直射日光が当たる、床暖房の上に置くなどした場合に余計な電気代が発生します。

温度が上下しやすい環境下ではサーバーは温度を調節する為に電力を多く使用するのです。

熱源の近くは避け、気温の変化の少ない所に設置しましょう。

2.サーバーが壁に接近し過ぎ

サーバーは水を冷やす為にサーバー内の熱を背面から放出します。

効率よく熱を放熱させる為には「壁との間に隙間が必要」です。

少なくともサーバーと壁の間に10cmは隙間を作りましょう。

そうすることで無駄な電力を使わずに放熱することができます。

3.サーバー背面がホコリだらけ

長期間使用するとサーバーの背面にはホコリが付着します。

ホコリが放熱を妨げる恐れがあるので定期的に清掃しましょう。

特に、ペットを飼っている方はペットの毛が背面に溜まりやすいので要チェックです。

4.コンセントを頻繁に抜く

これは絶対にやってはいけません。

なぜなら、ウォーターサーバーは「コンセントを差し込んだ時に電力を消費する」からです。

一度冷めたお湯の温度を温めたり、水を冷やすため再度コンプレッサーが働くので余計な電気を使います。

まとめ

ウォーターサーバーの電気代を調べずにおしゃれだけで選ぶとランニングコストが高くて大変です。

必ず検討しているサーバーの電気代は確認しておきましょう。

電気代の安いウォーターサーバーTOP3

メーカー | サーバー名 電気代(1ヵ月)
フレシャス | デュオ 330円~
アクアクララ | アクアアドバンス 350円~
うるのん | うるのんグランデ 390円~

-ウォーターサーバー