ウォーターサーバー

【利用者しか気付かない】ハミングウォーターのデメリットや気になること

更新日:

ハミングウォーターのデメリットを解説

ハミングウォーターは定額で利用できるウォーターサーバーとして今大人気ですが、デメリットも存在します。

ここでは当サイト編集部がハミングウォーターを6ケ月間利用してみて初めて分かったデメリットを本音でお伝えいたします。

契約前に知っておきましょう。

結論!ハミングウォーターは便利でおすすめできる

まずは結論

ここではあえてハミングウォーターのデメリットをお伝えしていますが、誤解のないように結論から言うと「ハミングウォーターは非常におすすめできるサーバー」です。

ここでお伝えしているデメリットは強いて言えばになります。

定額制で飲み放題がいいウォーターサーバーを探している方には間違いなくおすすめできる1台です。

ハミングウォーターのメリット・デメリット

メリット ・定額2,900円で安い
・お水が使い放題
・設置工事がない
・常温水が飲める
デメリット ・給水タンクの容量が少ない
・ろ過する時間が必要
・浄水フィルターの除去率が80%
・浄水能力が惜しい

このようにハミングウォーターにはメリット・デメリットがありますが、実際にはそのほとんどが気にならない内容になるでしょう。

ハミングウォーターは「ウォーターサーバーなのに定額2,900円でおいしいお水が飲み放題」と非常に優秀です。

初回の設置工事・サーバーレンタル代金・フィルター交換費用も全て無料です。

これらを踏まえたうえでハミングウォーターのデメリットを見ていきましょう。

ハミングウォーターの簡単な詳細

ハミングウォーターのオリジナル画像

月額料金 定額2,900円
フィルター交換費用 無料
設置費用 無料
温度 お湯(80~90℃)
常温水(20~35℃)
冷水(6~10℃)
大きさ 幅26cm-奥37cm-高さ120cm
※宅内のサーバー設置について
サーバー本体は運送会社(クロネコヤマト・佐川急便)による配送になるため、玄関先までになります。
もし、宅内の指定の場所まで運んでほしい場合は別途設置サービスの申請が必要です。

6ヶ月間使ってわかった!ハミングウォーターのデメリット

ハミングウォーターのデメリット

では、ハミングウォーターのデメリットを見ていきましょう。

ハミングウォーターのデメリット①給水タンクの容量が少ない
②ろ過する時間が必要
③浄水フィルターの除去率が80%
④浄水能力項目が12/13クリア
⑤設置は自分で行う
⑥キャンペーンが一切ない

ハミングウォーターのデメリットをあげるとするならばこの5つです。

自分にとってどれくらいのデメリットになるのか個人差はあるでしょう。

デメリット1.給水タンクの容量が少ない

タンクの容量

ハミングウォーターは蛇口直結型ではなく、自宅の水道水を給水タンクに補充しなければなりません。

タンクの容量は「サーバー内部の貯水を含めて4リットル」になるので、2日に1回補充しなければいけない家庭もありそうです。

1日の使用量目安

1人暮らし 800ml/1日
2人暮らし 1.4L/1日
4人暮らし 1.8L/1日

ウォーターサーバーを利用している家庭での使用量は4人家族で1日1.8Lが平均と言われています。

ちなみに子供2人の4人家族であれば1日2.6Lの消費が平均的。

ウォーターサーバーを導入する方は比較的お水を飲む頻度が高いため、これらの平均使用量よりは高くなると思っておきましょう。

そのため4人家族以上であれば1日に1回の補充が必要になるかもしれません。

「参考文献:国立研究開発法人 産業技術総合研究所AIST 水摂取量PDF」

デメリット2.ろ過する時間が必要

お水を補充する女性

タンクの水を4L補充した後は水道水をろ過するまでに時間が必要です。

時間が必要と言っても「1分あたりに600mlのろ過流量」になるため、タンク内がまったく空の状態でも3分待てば1.8Lの水を出水することができます。

また、1日にろ過できる水量は10Lまでになります。

デメリット3.浄水フィルターの除去率が80%以上

ハミングウォーターの浄水フィルター

ハミングウォーターの浄水フィルターは「2段階式浄水フィルター」により水道水に含まれる不純物をカットします。

このフィルターは4ヶ月に1度、無料で届きます。

そして、フィルターの除去率は80%以上。

この数値は決して低いわけではなく家庭用品品質表示法(JIS規格)による表記ルールで、いわば除去率は「確実にこの程度は取りますよ」と言う数字です。

表示ルール上は「80%以上除去できていれば除去率80%」と表示することになっており、仮に100%除去できていたとしても「80%」と表示されています。

つまり、実際の除去率は80%~99.9%の間。一定の検査に合格した浄水フィルターは除去率80%以上と表記するメーカーがほとんどです。

しかし、同じく浄水フィルターによってろ過された水が飲めるウォーターサーバーのクリクラでは除去率97%と表記されています。

宅配水のクリクラは除去率97%

クリクラのオリジナル画像

クリクラは「RO膜」という特殊なフィルターを利用しているのでここまで高く、除去率に拘りのある方にはおすすめです。

デメリット4.浄水能力項目が12/13クリア

浄水能力というJIS S3201(家庭用浄水器試験方法)で定義された指標(浄水器がどれくらい優秀なのかがわかる試験)でハミングウォーターの浄水能力は「12/13」になります。

浄水器ウォーターサーバーで有名なウォータースタンド「13/13」になり全項目をクリアしています。

ただし、特段心配することはありません。

ハミングウォーターが唯一認められていない項目は「溶解性鉛」を除去できない部分だけですので、特に健康上の問題はありません。

ハミングウォーターの浄水能力が低いわけではありませんが、数値だけを見るとウォータースタンドの方が優秀と言えます。

デメリット5.設置は自分で行う

ウォーターサーバーは基本的にどのメーカーでも玄関までしかサーバー本体を運んでくれません。

ハミングウォーターも同様に運送会社はクロネコヤマトか佐川急便になります。

サーバー本体は20kgもあるため、ご年配の方や妊娠中の方が1人で運ぶのは避けた方がいいでしょう。

別途2,000円で設置サービスを付けることができますが、正直2,000円も払いたくないのが本音です。。。

6.キャンペーンが一切ない

ウォーターサーバーでは新規限定キャンペーンを実施しているメーカーがほとんどです。

しかし、ハミングウォーターではキャンペーンが一切ありません。

過去に1度だけ期間限定でキャンペーンコードを設けていましたが現在では実施していません。

一応、その他にもハミングウォーターをお得に始めることができる方法がありますので詳しくはこちらの知らないと大損!ハミングウォーターのキャンペーンとはをご覧ください。

デメリットまではいかない少し気になること

次に利用していて感じたデメリットとまではいかない少し気になることをピックアップしました。

少しだけ気になること①出水時に水が跳ねる
②毎朝コップ2杯分の水を捨てる
③3日に1度タンクの清掃する
④クレジットカード決済のみ

これらは本当に些細なことですが人によっては面倒に感じる方がいるかもしれません。

1.出水時に水が跳ねる

ハミングウォーターは取水口から受け皿まで高さがあるため、タンブラーのような高さがある物まで置くことができます。

ハミングウォーターの受け皿トレイ

しかし、通常サイズのコップを置いて出水すると水が跳ねてしまいます。

私の場合は受け皿には置かず手で持ったままの状態で水を入れることが多いです。

2.毎朝コップ2杯分の水を捨てる

ハミングウォーターの説明書

タンクの中のお水を衛生的に安全に飲むために、一日の初めに利用する際に「コップ2杯分の水を捨てる」ことを推奨しています。

天然水であれば非常に勿体ないですが、まだ水道水でよかったです。

これは浄水器と同様にろ過するウォーターサーバーの製品上仕方のないことですね。

3.3日に1度タンクの清掃する

ハミングウォーターの説明書2

タンク内に水が残っていたとしても「3日に1度はタンクを外して洗浄する」ことを推奨しています。

洗浄の注意点は柔らかいスポンジを使用すること。さらに洗剤は中性洗剤を推奨。

決して研磨剤・スチームクリーナー・食器乾燥機を使用しないでください。

最悪の場合は弁償になります。

4.クレジットカード決済のみ

ハミングウォーターの申し込みにはクレジットカード決済のみ対応しています。

口座振替はできませんので、クレジットカードを持っている方でしか契約することはできません。

ズバリ!ハミングウォーターのデメリットはそこまで気にならない

ここまでハミングウォーターのデメリットや些細なことをピックアップしましたが、正直に言ってそこまで気になる項目はありません。

強いて言うならば「除去率80%以上」という項目ですね。

ハミングウォーターの実際の除去率は公開されていませんが、97%と公開しているクリクラよりも低い可能性は大いにあります。

除去率に徹底した拘りがなければハミングウォーターは非常に優秀なウォーターサーバーです。

-ウォーターサーバー
-