ウォーターサーバー

【専門家監修】ウォータースタンドの口コミ&デメリットを徹底検証!安くて人気の機種はどれ?

更新日:

ウォータースタンドのレビュー

近年、自宅にいる時間が増えるなか衛生面であったり、外出を控えていることでウォータースタンドの人気が急増しています。

ウォータースタンドはボトル交換の必要がない水道直結型ウォーターサーバーになり定額4,378円~で飲み放題。

ここでは浄水器やウォーターサーバーを検討している方に向けて、実際に使用している編集部がウォータースタンドのデメリットやおすすめ機種を分かりやすくお伝えいたします。

私がウォータースタンドに乗り換えた理由!!宅配水ウォーターサーバーを使用していた編集部がウォータースタンドに乗り換えました!
理由はおうち時間が長くなったことで水を沢山飲むようになり、毎月の水代が高くなったからです。(以前は2本4,104円×2セット=8,208円)これからは水代を気にすることなく、料理にもたっぷり使いたいと思います。
アクアソムリエ
久保 仁
日本アクアソムリエ協会、日本宅配水&サーバー協会に加盟。
監修者:ウォーターサーバー専門家 アクアソムリエの久保仁
アクアソムリエとして多くのWebメディアで活躍中。数多くのウォーターサーバーを使用した経験から信用できる情報提供を目指している。(※当サイトは3名のアクアソムリエ監修のもと運営しております。)

ウォータースタンドが人気の理由

魅力や特徴とは

ウォータースタンドは水道直結型のウォーターサーバーになります。

水道直結型とは「自宅の水道水を浄水して使うウォーターサーバー」のことで、水道水なので料理にも使える飲み放題のウォーターサーバーになります。

そんなウォータースタンド最大の魅力は「浄水能力が抜群でおいしい水(冷水・常温水・お湯)が使い放題」ということ。

もちろん、定額料金が安いことでも有名ですが、以下すべてが無料で驚きのコストパフォーマンスです。

・初期設置費用
・フィルター交換(ずっと0円)
・定期メンテナンス・清掃
・故障修理の対応
・経年劣化による本体交換

これらすべてが月額費用に含まれており無料になります。

おすすめポイントウォータースタンドは水道直結型なので、わざわざ水道水を補充する手間がありません。
近年、増えている水道水補充型ウォーターサーバー(例:ハミングウォーター)は水を補充する必要がありますので、面倒に思う方はウォータースタンドがいいでしょう。
■関連記事:水道水ウォーターサーバーおすすめ7社!水道直結型&浄水器一体型が令和の主流

賃貸マンション・アパートでも設置できる

事前によくある質問が「自分の家でも設置できるのか?」。

工事と聞くと大がかりなイメージがありますが「ウォータースタンドは壁に穴をあけたり傷を付けるような作業は一切ありません」の安心しましょう。

ウォータースタンドは99.9%の賃貸マンション・アパートにも設置可能です。

配管に触れる大がかりな工事はありませんし、退去後も元通りに戻してくれます。

ネオシリーズとプレミアムシリーズの違いとは

ウォータースタンドを検討するうえで必ず知っておくべきことがあります。

ウォータースタンドには「ナノシリーズ(ナノラピア)」「プレミアムシリーズ(プレミアムラピア)」の2種類があります。

この2種類は採用している除去フィルターが違います。

ウォータースタンドは計3つの除去フィルターを搭載しているのですが、ナノシリーズとプレミアムシリーズでは2つ目のフィルターが異なります。

シリーズ ナノシリーズ プレミアムシリーズ
フィルター 1.ネオセンスフィルター
2.ナノトラップフィルター
3.イノセンスフィルター
1.ネオセンスフィルター
2.RO逆浸透膜フィルター
3.イノセンスフィルター
除去率 約99.5% 約99.9%
JIS規格:浄水能力項目 全13項目クリア
どちらがいいの?除去率に関しては近差でプレミアムシリーズの方が上回っていますが、ここまで高性能であれば正直に言ってどちらとも凄いです。ただし、プレミアムシリーズは不純物を除去する過程で水を多く排出するため水道代が高くなったという声は多いです。

ナノシリーズ(ナノラピア)とは

ウォータースタンドのナノシリーズ

ナノシリーズは「ナノトラップ・フィルター」というアメリカのNASAが技術特許を保有している技術になり、ナノトラップフィルターを搭載した浄水器はウォータースタンドが日本初となります。

ナノ技術による静電吸着で有害物質を約99.5%除去することができ、その性能は浄水フィルターの性能クラスの中で、廃棄水を出さないものの中ではトップレベルと言えます。

プレミアムシリーズ(プレミアムラピア)とは

ウォータースタンドのプレミアムシリーズ

プレミアムシリーズは「ROフィルター(逆浸透膜)」を採用しており、水分子のみを通す浸透膜を利用して水分子以外の不純物を約99.9%除去することができます。

Reverse Osmosis Membrane

※ROフィルターは、英語(Reverse Osmosis Membrane)の略で、日本語では「逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)」と呼ばれています。

編集部イチオシ!ウォータースタンドのおすすめ機種

おすすめを紹介

ウォータースタンドはとても種類が多く全部で13機種もあります。

これだけ多ければ迷うのも当然。しかし、実際には注文が多いウォータースタンドの人気機種は決まっています。

とにかく迷っている方は販売台数TOP2の「ネオ(ナノシリーズ)」もしくは「ガーディアン(ナノシリーズ)」の2択と言えます。

※長得プラン(ちょーとくプラン)とは?
長期ご継続の方に嬉しい、月々のレンタル料金が毎月480円割引になるプランです。
ただし、登録料10,000円が必要のため21ヶ月間以上(10,000円÷480円)利用する方であればお得になる計算です。

販売台数2位:ネオ(ナノシリーズ)

ウォータースタンドのネオ

月額料金 通常:4,378円
長得プラン:3,850円
サイズ 幅26cm/奥行50.5cm/高さ50cm
電気代 550円/月
温度 冷水・常温水・温水

※月額料金は税込み価格になります。

人気の理由・月額4,378円と安くて高性能
・水道水の不純物を約99.5%除去
・水を貯めるタンク付きなので出水スピードが速い
・冷水・温水・常温水に対応している

ウォータースタンドのロングセラーである定番モデルの「ネオ」。

定額4,378円と安く機能性も抜群です。

NASAが技術特許を保有する「ナノトラップフィルター」を搭載しており、不純物を約99.5%除去できます。

販売台数1位:ガーディアン(ナノシリーズ)

ウォータースタンドのガーディアン

月額料金 通常:4,928円
長得プラン:4,400円
サイズ 幅23cm/奥行23cm/高さ47.1cm
電気代 \省エネ!!/
わずか150円/月
温度 冷水・常温水・温水

※月額料金は税込み価格になります。

人気の理由・幅23cmの最小モデル
・省エネ設計で電気代がたったの150円
・水道水の不純物を約99.5%除去
・冷水・温水・常温水に対応している

最新技術を搭載している販売台数No.1の「ガーディアン」。

「ネオ」に比べて月額費用は550円上がりますが、四角形でとてもスリムに設計されているためキッチン周りのスペースが気になる方に向いています。

ウォータースタンドの口コミから分かるデメリットを検証

口コミ・評判を調査

次にウォータースタンドの口コミでよく目にするデメリットや気になることを検証していきます。

契約前にチェックしておくことでトラブルを防ぐことができるでしょう。

1.ミネラル水や天然水ではない
2.設置工事が必要
3.水をあまり使わないと割高
4.サイズが予想以上に大きい
5.災害などで断水すると使えなくなる
6.お湯を出すためにボタンを押す

このようなデメリットがあります。では、順番に見ていきましょう。

デメリット1.ミネラル水や天然水ではない

天然水じゃないので甘さはないかな。味に拘るなら天然水を買う方がいいよ!
※口コミ引用元:Twitter #ウォータースタンドより

ウォータースタンドは自宅の水道水を専用フィルターで浄水して使用するため、ミネラルウォーターや天然水が飲みたい方には不向きです。

とはいえ気になる「味」についてですが、正直にお答えすると「市販の水と同じぐらいおいしい」です。

もちろん天然水ではありませんので、ミネラルが含まれていないため甘さはありません。

天然水と比較するともちろん味は違います。

それを踏まえてうえでも水道水がここまでおいしく感じるのは正直驚きました。

使い放題なので、お米を炊くときや煮物料理にもたくさん使用しています。

デメリット2.設置工事が必要

工事の立ち合いってめんどうじゃない?
※口コミ引用元:Twitter #ウォータースタンドより

ウォータースタンドを使用するには設置工事が必要です。

とはいえ、穴あけ作業や大がかりな工事は一切なく1時間程度で終わる簡単な作業になります。

蛇口の水栓や給水管に繋ぐだけですが、専用スタッフによる設置なので立ち合いは必要です。

デメリット3.水をあまり使わないと割高

うちはウォータースタンド使ってたけど、卒乳してから水を使わなくなったのでやめた。
※口コミ引用元:Twitter #ウォータースタンドより

ウォータースタンドは『少なくとも1日に2リットル以上は水を使う方でなければ割高』になります。

一番おすすめの機種(ナノシリーズ ネオ)で定額4,378円になるため、日割り計算にすると1日あたり131円になります。

市販の水はと2リットル約120円で購入できるので、1日に2リットルも使用しない方であれば単純計算で損になります。

ウォータースタンド 131円/日割換算
市販の水 2リットル/約120円

とはいえ、ウォータースタンドはいつでも冷水・お湯が飲めるという利点があるので一概に水の値段だけでは比較できません。

ペットボトルの空ボトルが溜まることもありませんし、料理にも沢山使用できるのでとても便利です。

デメリット4.サイズが予想以上に大きい

やべぇwwwキッチンが超狭くなったじゃん!!場所のこと考えてなかった!
※口コミ引用元:Twitter #ウォータースタンドより

ウォータースタンドは基本的にはキッチン周りに置くことが多いため、キッチンの広さによっては狭く感じることもあるでしょう。

確かに実物を見ると予想以上に大きくてビックリしました。

ウォータースタンドのサイズ

写真や数字では伝わりづらいですが、以外と大きく感じるため事前に設置場所を測っておきましょう。

事実ユーザーからもサイズ感に関する声が多くあり、その意見を踏まえて設計したのが新機種の「ナノシリーズ ガーディアン」になります。

従来までのウォータースタンドは長方形でしたが、ガーディアンは縦と横が23cmの四角形になっており最小サイズです。

これであればキッチン周りのスペースを確保しづらい場合でも設置できそうですね。

デメリット5.災害などで断水すると使えない

やっぱり断水時のことも考えた方がいいのかな?みんなどうしてるの?
※口コミ引用元:Twitter #ウォータースタンドより

ウォータースタンドは災害などで断水すると使用できません。

当然ですが、水道直結型のため水道が出なくなるとウォータースタンドも使えなくなってしまうのです。

ただし、断水時でも使用できる機種の「エコサーバー」があります。

これは水道直結型ではなく、タンクに水を補充して使用するタイプなので断水しても関係なく使えます。

しかし、ウォータースタンドの魅力である「水道直結で補充の手間がない」というメリットは無くなりますので、事前に確認しておきましょう。

※災害時に強いウォーターサーバーは?
災害時に備蓄水としても活躍するウォーターサーバーが希望の方はこちらの【元配送員が語る】停電・災害時に備蓄水になるウォーターサーバーの絶対条件で厳選しています。

デメリット6.お湯を出すためにボタンを押す

お湯のボタン押すのいつも忘れる。無くてもいいけどねー
※口コミ引用元:Twitter #ウォータースタンドより

ウォータースタンドのチャイルドロック

お湯はボタンを押しながらでなければ出すことができません。

これは小さな子供が火傷をしないための安全を考えたうえでのこと。

大人からすれば少し手間に思う方もいるかもしれませんね。

ウォータースタンドを浄水器とウォーターサーバーで比較

比較した結果

水道直結型のウォータースタンドは一般的な浄水器、ウォーターサーバー(宅配水)と比べてどうなのかを見ていきましょう。

それぞれの良さがありますので利用目的に合わせて選ぶことをおすすめします。

1.費用で比較

ウォータースタンド 浄水器 宅配水
初期費用 0円 8,000円 0円~3,000円
月額料金 \飲み放題/
4,378円
\飲み放題/
0円
\24L~48L/
3,600円~9,000円
解約金 1年以内-10,000円 0円 2年以内-15,000円

※宅配水(ウォーターサーバー)の費用は業界有名メーカーの平均です。

比較ポイントウォーターサーバーは基本的に12L単位での注文です。
つまり、月24L以上(1日あたり800ml)以上使用するのであればウォータースタンドの方が安くなります。

とにかく安さを重視するなら、浄水器が圧倒的にお得です。

しかし、機能性や衛生面を考慮するとおすすめとは言えないのが本音。

なぜなら浄水器はお湯や冷水が使用できないうえに、衛生面においても国が定めた水の安全性基準「JIS規格の家庭用浄水器試験方法」の全13項目に全てクリアしている製品は少ないです。

ウォータースタンドは以下の全13項目にクリアしており、衛生面においても申し分のないウォーターサーバーになります。

水の安全性基準に全13項目クリア

JIS規格の家庭用浄水器試験方法

ウォータースタンドの衛生面の凄さは業界でも有名ですね。間違いなく日本トップクラスです。

2.衛生面で比較

ウォータースタンド 浄水器 宅配水
衛生面(JIS規格) 13項目全てクリア 平均10項目クリア 平均11項目クリア
定期メンテナンス 無料
(専任スタッフ)
自分で行う 無料~1,500円
(専任スタッフ)
カートリッジ交換 無料
(6ヶ月ごと)
別途費用
(3ヶ月ごと)
比較ポイント衛生面の優秀さとカートリッジ交換や定期メンテナンス費用ではウォータースタンドが優秀です。

衛生面では国が定める水の安全性基準「JIS規格の家庭用浄水器試験方法」の全13項目に全てクリアしているウォータースタンドが圧倒的に優秀です。

さらに、定期メンテナンスやカートリッジ交換費用についてもウォータースタンドは無料のためコスパの良さが目立ちます。

3.水のおいしさで比較

ウォータースタンド 浄水器 宅配水
水の種類 RO水or浄水 浄水 RO水or天然水
比較ポイントウォータースタンドは高性能フィルターで不純物や塩素を取り除いているので、さっぱりとした味わいです。
しかし、天然水に比べるとミネラルが無い分甘さはありません。

味について正直に言うと「天然水に拘りのある方には不向きですが、拘りのない方であれば十分満足していただける美味しい味」になります。

そもそも天然水に拘りのある方であれば、ウォータースタンドと浄水器は候補から外れます。ウォーターサーバーの一択になるでしょう。

RO水とは?味はどうなの?

RO水とは水道水や天然水を「RO膜」という超微細なフィルターでろ過した水になります。

RO膜でろ過した後に人工的にミネラルを加えたウォーターサーバーもあるため、味はメーカーによって多少は異なりますが、特徴としては無味無臭になります。

ウォータースタンドの人気3機種を比較

ウォータースタンドの本体種類

ウォータースタンドで圧倒的に販売台数の多い3機種を比較します。

前述したように編集部のイチオシはコスパ大の「ナノシリーズ ネオ」になります。

では上位3つを見ていきましょう。

※長得プラン(ちょーとくプラン)とは?
長期ご継続の方に嬉しい、月々のレンタル料金が毎月480円割引になるプランです。
ただし、登録料10,000円が必要のため21ヶ月間以上(10,000円÷480円)利用する方であればお得になる計算です。

また、上記の月額料金以外にも別途電気代と水道代は必要です。

使用するサーバーと加入している電気・水道のプランによりますが、月150円〜1,200円程度かかります。

コスパ大!ネオ(ナノシリーズ)

ウォータースタンドのネオ

月額料金 通常:4,378円
長得プラン:3,850円
サイズ 幅26cm/奥行50.5cm/高さ50cm
電気代 500円
温度 冷水・常温水・温水

※月額料金は税込み価格になります。

高性能なうえに見た目のデザインもシンプルでおしゃれです。

月額4,378円と上位3位の中ではもっとも安く機能も十分なので編集部イチオシの機種になります。

電気代が安い!ガーディアン(ナノシリーズ)

ウォータースタンドのガーディアン

月額料金 通常:4,928円
長得プラン:4,400円
サイズ 幅23cm/奥行23cm/高さ47.1cm
電気代 \省エネ!!/
150円
温度 冷水・常温水・温水

※月額料金は税込み価格になります。

ウォータースタンドはキッチン周りに設置することが多いため、サイズ感は非常に重要です。

そこで最新機種のガーディアンは「瞬間冷温水システム」を搭載。

この「瞬間冷温水システム」を採用したことによって、冷水・温水を保つためのタンクを必要とせず、電力消費量を大幅にカットできるようになりました。

さらにタンクレスにしたことでスリムになり、置き場所を選ばないコンパクト設計になっています。

※事前に知るべき!
ガーディアンの出水口は機械で操作するため「水の出が少ない(細い)」という声があります。
実際に使用したところ、ネオの方が水の出はいいです。

水にこだわる人向け!ステラ(プレミアムシリーズ)

ウォータースタンドのステラ

月額料金 通常:6,578円
長得プラン:6,050円
サイズ 幅26cm/奥行48.3cm/高さ50cm
電気代 500円
温度 冷水・常温水・温水

※月額料金は税込み価格になります。

プレミアムシリーズの「ステラ」はとにかく水への拘りが強い方におすすめです。

不純物を99.9%除去することができるうえに、サーバー内を自動除菌してくれる「自動除菌機能」を搭載しています。

ただし、月額料金は6,050円と他の2機種よりは高いため、水にとにかく拘りのある方に向いています。

月額料金が気になる方はネオ(ナノシリーズ)が良いでしょう。

ウォータースタンドのキャンペーン!無料お試しできる

ウォータースタンドではお得なキャンペーンがあります。

・他社乗り換えで最大10,000円還元
・無料お試しキャンペーン(エコサーバーネオ)

どうせならお得に始めましょう。

他社乗り換えで最大10,000円還元

ウォータースタンドの乗り換えキャンペーン

現在利用しているウォーターサーバーの解約費用(違約金、撤去費用、手数料等)を最大10,000円までポイントとして還元。

ウォータースタンドの月々の利用料金から相殺してくれます。

※例:解約金が10,450円(9,500円+税)の場合(ネオ契約時)
・1ヶ月目:4,378円 → 無料
・2ヶ月目:4,378円 → 無料
・3ヶ月目:4,378円 → 2,684円(1,694円割引)

無料お試しキャンペーン(エコサーバーネオ)

ウォータースタンドのネオを無料お試し

実際の大きさを知りたい!水の味を確かめたい!といった心配がある方は、無料お試しサービスがおすすめです。

ネオ(ナノシリーズ)を1週間無料で試せます。

お試し中は工事がいらず専用台を設置するだけの「エコサーバーネオ」になり、付属のタンクから水を供給します。

ネオ(ナノシリーズ)の実際の使用感や水の味を体験できます。

無料期間終了後はスタッフがサーバーを回収してくれるので、最後まで料金は一切かかりません。

■お試し専用webページはこちら:https://waterstand.jp/waterstand/

契約前に知るべき大切なこと

契約前の確認事項

最後にウォータースタンドに関するよくある質問をピックアップしました。

契約前に必ず確認しておきましょう。

1.浄水器と何が違う?

ウォータースタンドは浄水器と比べて機能面と浄水能力がまったく違います。

ウォーターサーバーのように冷水・常温水・温水をすぐに使用することができるうえに、チャイルドロック機能や自動除菌機能もついているので安全です。

さらにウォータースタンドは高機能フィルターが搭載されているため、「浄水器では取り除けない微細なウイルスや微生物を除去可能」です。

水道水を原料としているのはどちらも同じですが、機能・浄水能力はウォータースタンドの方が遥かに優れています。

2.賃貸住宅でも使える?

ウォータースタンドは賃貸住宅でも問題なく使えます。

賃貸住宅でも工事は必要ですが、現場復帰可能な取り付け方法なので今後引っ越すことになった際も元に戻せる範囲です。

取り付け・取り外しもスタッフがやってくれるため、自分で行う必要はなく安心です。

3.赤ちゃんのミルクにも使える?

もちろん赤ちゃんにも問題なく使えます。

ウォータースタンドの水は軟水なので赤ちゃんが飲んでも負担がないためミルク作りにも使用できます。

赤ちゃんの体はミネラル成分を取り過ぎてしまうとお腹をくだしてしまう恐れがあります。

そのためミネラルのないRO水がもっとも推奨されています。

ウォータースタンドであれば「ミネラルや不純物のないピュアウォーター(純水)」になるので安心して使用することができます。

4.引越し先でも使える?費用は?

ウォータースタンドは引越し先でも問題なく使うことができ、移設費用も一切発生しません。

今使っているものを取り外して引越し先で再設置するといった作業もすべてスタッフが行ってくれます。

5.ラックの貸し出しが無料

ウォータースタンドの使用にあたって、ラックの貸し出しが無料であります。

キッチン周りにウォータースタンドを置くためのスペースがない場合もあるでしょう。

そのような場合はラックを無料レンタルすることができます。

設置環境確認の訪問時にラックが必要そうなら、担当スタッフが設置を提案してくれます。

6.契約期間や解約金はある?

ウォータースタンドは「1年未満の解約で解約金11,000円(税込)が発生」します。

※ウォータースタンドの解約窓口
・電話番号:0120-032-114
・受付時間:9:00~21:00(年中無休)

電話で連絡した際にオペレーターとサーバー返却日をいつにするかを相談して決めます。

返却日は「解約の連絡をした日の7日後~30日以内」と決まっているので、期限内に時間を合わせて返却しましょう。

※その他はウォータースタンドに関する「よくある質問一覧ページ」をご覧ください。
この記事のまとめ・浄水効果が優秀で安心できる
・1日に2リットル以上使用するならお得になる
・味やサイズが気になる方は無料お試しできる
※本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※掲載商品のお申し込みはご自身で各社のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本記事に掲載の公式サイト情報。
・ハミングウォーター(https://www.hummingwater.com/
・ウォータースタンド(https://waterstand.jp/

-ウォーターサーバー