※表示価格は全て消費税込みの総額表示です。また本サイトはプロモーションを含んでいます。

ウォーターサーバー

【勧誘されやすい人必見】なぜウォーターサーバーでうざいほど勧誘される?おすすめの対処・撃退法を紹介

更新日:

ウォーターサーバーはなぜうざいほど勧誘されるのかを解説|勧誘されて断る時の対処法ややってはいけないことについて

「しつこくウォーターサーバーの契約を勧誘されて困っている」
「なぜうざいほどウォーターサーバーの勧誘がされるの?」

このように、ウォーターサーバーの勧誘で悩んだ経験がある方も多いでしょう。

まるで「契約するまで逃さない」と思わんばかりの圧力で勧誘されるので、しぶしぶ契約してしまった方も少なくありません。

しかし、ウォーターサーバーも無料ではないため、使わないものを契約して毎月料金を支払うのはもったいないですよね。

そこで本記事では、なぜしつこくウォーターサーバーの勧誘をされるのか、勧誘をうまく断るポイントについてまとめていきます。

アクアソムリエとして多くのWebメディアで活躍中。数多くの飲料水やウォーターサーバーを使用した経験から信用できる情報提供を目指している。(※当サイトはアクアソムリエ監修のもと運営しております。)
※表示価格は全て消費税込み総額表示です。また本サイトはプロモーションを含んでいます。 ※記載の電気代は一般家庭の消費エネルギーにおけるJDSA(日本宅配水&サーバー協会)基準の「消費電力測定基準」または各公式サイト発表の金額になります。

ウォーターサーバーの勧誘をされる3つのシチュエーション

ウォーターサーバーの勧誘をされる状況・シチュエーション

基本的に、ウォーターサーバーの勧誘をされるシチュエーションは決まっています。

  • ショッピングモール
  • 訪問販売
  • 電話勧誘

それぞれの詳しいシチュエーションを詳しく見ていきましょう。

勧誘されやすい状況①:ショッピングモール

ショッピングモールには、多くの人が集まります。

営業マンにとって、これほど仕事がしやすい場所はないと言っても過言ではありません。

特にお子さんがいる家庭の場合は、「いつでも安全なお水を飲ませてあげたくありませんか?」などと断りにくい理由を言って勧誘してくることもあります。

ただ、ショッピングモールには多くの人がいるからこそ、ダメだと思ったらすぐに次の人に切り替えることもよくあります。

勧誘されやすい状況②:訪問販売

営業マンが自宅に訪問してきて、ウォーターサーバーの勧誘をするケースもよくあります。

1対1の話し合いになることが多いため、不要だと思った場合は、はっきり断る勇気を持つことが大切です。

または、「自分1人では決められないから、家族がいるときにまた来てください」と断るのも効果的でしょう。

勧誘されやすい状況③:電話勧誘

中には電話でウォーターサーバーの勧誘をしてくる業者もあります。

電話の場合は営業マンの顔が見えないので、より不信感を強く感じることも。

電話の場合はしつこく迫られても切ってしまえば終わりなので、断る勇気がない方でも比較的断りやすいです。

【勧誘されやすい人必見】ウォーターサーバーの勧誘を断るポイント6つ

ウォーターサーバーの勧誘を断る時の対処法

ここからは、勧誘されやすい人、必見のウォーターサーバーの勧誘を断るポイントをご紹介します。

  • 金銭的に厳しいことを伝える
  • ウォーターサーバーがいらない・すでにあることをはっきりと伝える
  • 怖い時こそ話を聞くそぶりを見せない
  • 「無料」「お得」などの誘い文句に惑わされない
  • 自分だけでは決められないとその場を後にする
  • パンフレットだけ貰って後で検討するとその場を離れる

断り方のポイントや注意点も解説していくので、ぜひ実践してみてください。

金銭的に厳しいことを伝える

金銭的にウォーターサーバーの契約をするのが難しいことを伝えましょう。

ただ単に「お金がないから」ではなく、具体的にお金がない理由も伝えることがポイントです。

「お金がないから」だけでは、「無料」や「お得なキャンペーン」の謳い文句で、しつこく勧誘を続けるケースもあります。

正直にお金がない理由を答える必要はありません。

「生活費の予算をこれ以上捻出できないから」「他に優先すべき資質があるから」などでも大丈夫です。

ウォーターサーバーがいらない・すでにあることをはっきりと伝える

ウォーターサーバーがいらないと思ったら、はっきりその旨を伝えることが重要です。

しつこい営業を断るためには、「この人に営業をかけても意味がない」と思わせることがポイント。

また、はっきり断る勇気がない方は、「既にウォーターサーバーを持っている」と伝えるのも効果的です。

乗り換えを勧められることもありますが、「今のウォーターサーバーで満足しているから」ときっぱり断りましょう。

怖い時こそ話を聞くそぶりを見せない

怖い時こそ、話を聞く素振りを見せないことがポイントです。

怖いからといって話を聞いてしまうと、相手の思うツボになり、あれよあれよと契約まで進んでしまうかもしれません。

声をかけてくれたのにと申し訳なく思うかもしれませんが、ときには無視する勇気を持つことも大切です。

「無料」「お得」などの誘い文句に惑わされない

営業マンは何とか契約にまでこぎつけたいと思っているので、「無料」や「お得」など魅力的な誘い文句を言ってきます。

しかし、そのような場での「無料」や「お得」ほど怖いものはありません。

初期費用は安くても、ランニングコストが高かったり、説明を受けていない費用がかかったりなど、様々なトラブルが起こりがちです。

無料やお得キャンペーンを見ると魅力的に感じますが、耳を傾けず断る姿勢をとることが大切です。

自分だけでは決められないとその場を後にする

自分が1人の時に勧誘された場合は、「自分1人では決められないから」と早々にその場を後にしましょう。

営業マンは自分のトークに自信を持っているので、特に1対1の場合はうまく言いくるめられることも多いです。

断るのが苦手な方や、1対1での話し合いが苦手な方は、家族や恋人を引き合いに出して断ると良いでしょう。

パンフレットだけ貰って後で検討するとその場を離れる

パンフレットだけをもらって「後で検討する」と伝えるのも効果的です。

ただ、営業マンによっては「後で検討するくらいなら、今契約したほうが良い」と強引に勧誘してくるかもしれません。

その場合は、「今は時間がないから」と言い、早々にその場を離れましょう。

ウォーターサーバーの勧誘を断る際にやってはいけないこと

ウォーターサーバーの勧誘を断る時にやってはいけないこと

最後に、ウォーターサーバーの勧誘を断る際にやってはいけない3つのことをご紹介します。

  • 自分から質問をする
  • 知識を持たないまま意見を言う
  • 考えたりする素振りを見せる

自分から質問をする

ウォーターサーバーがいらないと思っているなら、自分から質問するのはやめましょう。

「自分から質問する=購入する意思がある」と思われるので、より勧誘がしつこくなるかもしれません。

知識を持たないまま意見を言う

営業マンにウォーターサーバーの知識を持たないまま意見を言うのは危険です。

意見を言っても、言いくるめられて契約まで至ってしまうケースも少なくありません。

相手は営業のプロなので、意見を伝えるのではなく、その場から離れた方が効果的です。

考える素振りを見せる

営業マンの説明を受けているときに考える素振りを見せるのもNGです。

少しでも考える素振りを見せると、「この人ならいける」と思われて、勧誘がしつこくなるかもしれません。

隙を見せた途端に、その隙につけ込んでくるので、断る姿勢を前面に押し出すことがポイントです。

まとめ

今回は、ウォーターサーバーのしつこい勧誘を断るポイントや注意点をご紹介しました。

特に大型ショッピングモールの場合は多くの人が行き交う場所なので、勧誘に合いやすくなります。

ウォーターサーバーを利用しないなら、営業マンの話を聞いたり、考える素振りを見せたりせず、断る姿勢を持ち続けることが大切です。

はっきり断るのが苦手なら、何か理由をつけて早くその場から立ち去るようにしましょう。

-ウォーターサーバー

今月のイチオシ記事
人気ウォーターサーバーを検証

エブリィフレシャスの口コミを検証ウォータースタンドの口コミを検証ハミングウォーターの口コミ・評判クリクラの口コミ・評判プレミアムウォーターの口コミ・評判フレシャスの口コミ・評判コスモウォーターの口コミ・評判

人気シャワーヘッドを検証

ミラブルとリファの比較記事
ミラブルの口コミが悪い理由を解説
ミラブルゼロの実際の使用感や口コミからわかった魅力やデメリット・ミラブルプラスとの比較
リファファインバブルSの口コミをレビュー

人気飲料水を検証

飲むシリカの効果や口コミ・評判を検証温泉水99の口コミを解説コンブチャクレンズをレビュー豊潤サジーをレビュー

今週の新着トピック