※表示価格は全て消費税込みの総額表示です。また本サイトはプロモーションを含んでいます。

ウォーターサーバー

【専門家解説】新モデルしずくりあのスキット(skitto)|実体験を元に業界最安値ウォーターサーバーをレビュー解説

更新日:

新登場しずくりあのSkittoをsんもんかが最速レビュー!最安値の機能性やpittoとの違いを解説します

月額「2,640円」。

このしずくりあ「Skitto」の安さに、正直目を疑いました。

業界最安値ながら、インフラ(水道代・電気代)を除けばその他費用は一切かからず、当サイトからのお申し込みで初月も無料に。

2023年12月5日に登場したばかりのしずくりあ「Skitto(スキット)」

  • 【基本情報】Skittoの最安値の料金や機能性など
  • 【デメリット】少し気になるSkittoの残念ポイント
  • 【魅力】使うとわかるSkittoのメリット

を専門家がお伝えします。

これから新生活を始める方に、初めてウォーターサーバーを契約しようとしている人にとって嬉しい機能・料金帯です。

Skittoを契約するハードルが少しでも下がるよう、分かりやすい解説を心がけてご紹介します。

\ 当サイト限定! /

Skittoの初月無料キャンペーン

アクアソムリエとして多くのWebメディアで活躍中。数多くの飲料水やウォーターサーバーを使用した経験から信用できる情報提供を目指している。(※当サイトはアクアソムリエ監修のもと運営しております。)
※表示価格は全て消費税込み総額表示です。また本サイトはプロモーションを含んでいます。 ※記載の電気代は一般家庭の消費エネルギーにおけるJDSA(日本宅配水&サーバー協会)基準の「消費電力測定基準」または各公式サイト発表の金額になります。

【基本情報】Skittoの最安値の料金や機能性など

しずくりあ skitto
月額料金 \ ミズマガ限定キャンペーン中 /
2,640
電気代 約500
配送料 無料
フィルター交換・配送 無料(6ヶ月ごと定期配送)
設置費用 無料
水ボトル代 なし(水道水を補充)
大きさ 高さ:105cm
幅:25cm
奥行き:35cm
カラー展開 ホワイト・ブラック
エコモード あり
温水・冷水 温水:81℃〜86℃
冷水:5℃〜7℃
常温水 なし
衛生機能 冷水タンクにUVクリーン
不純物除去性能 16種類(JIS規格対象物質)

ウォーターサーバーとしての機能は十分揃っているSKitto。

この章では特に言及したい

  • 月額料金
  • 機能性
  • その他料金

について詳しくお伝えします。

しずくりあ「Skitto」の月額料金について・他社比較

しずくりあのSkitto(スキット)の月額料金について

ハミングウォーター 3,300円
Locca 2,680円
Skitto 2,640円

※ミズマガ「安いウォーターサーバーランキング」より

比較表から分かるように、Skittoは業界一安い2,640円の月額費用。

ここまで月額費用を安くできた理由の一つに、Skittoが水道水ウォーターサーバーであることが挙げられます。

宅配水の水ボトルもなく、サーバー代もかからない水道水ウォーターサーバー、その中でもSkittoは圧倒的に安いと言えるでしょう。

>>当サイト限定!初月無料キャンペーンについて

\ミズマガ編集部から一言/うるのんPittoなど、さまざまななウォーターサーバーを作り続けてきた株式会社TOKAI。そのノウハウの積み重ねが月額2,640円という安さを実現させたのでしょう。

機能性はどう?電気代やエコモード、衛生クリーンは?

しずくりあのSkitto(スキット)の機能性について

エコモード あり
冷温水の温度を抑える→省エネ
衛生機能 あり
冷水タンク内でUV殺菌→子供も安心
再加熱機能 あり
約90℃まで加熱
→お茶や紅茶・コーヒーも淹れられる
フィルター性能 JIS規格対象物質16種類を除去
→子どもも安心して飲ませられる

Skittoの機能性・スペックは申し分ありません。

後ほどお伝えする電気代とも関係しますが、省エネエコモードも搭載、UVクリーン機能で衛生面も◎。

いやいやそのくらい当たり前でしょ、と思う方もいるかもしれません。しかしその「当たり前」を叶えると一般的には追加料金がかかります。

当たり前に備わって欲しいことが、最安値で使うことができる。それがSkittoです。

\Skittoに乗り換えようと思った方へ/【見逃せないチャンス】現在しずくりあSkittoでは当サイト限定で初月無料 or 16,500円がキャッシュバックされる乗り換えキャンペーンを実施中です。「今使ってるのが高くてどうにかしたくて…」など乗り換えを考えていた人はこのチャンスは見逃せないはずです。なぜなら一定期間を過ぎないと解約金が発生するから。損しないためにも、この乗り換えキャンペーン・初月無料キャンペーンはぜひ利用していただきたいです!
>>ミズマガ限定!Skittoの初月無料 or 乗り換えキャンペーンの詳細へ

その他費用|電気代や配送料、フィルター交換など料金がかかる?

しずくりあのSkitto(スキット)の電気代や初期費用などその他料金について

電気代 約500円
初期費用・手数料 無料
サーバーなど配送料金 無料
フィルター交換代 無料

いくら安くてもしっかりと確認しておきたい「その他費用」。メーカーによって公式サイトでもわかりづらいことがあります。

結論しずくりあ「Skitto」はインフラ系(電気代・水道代)以外は一切かかりません。

初期費用・サーバー配送料・フィルター交換代など、発生してもおかしくない費用も、全て無料です。

つまり、月額2,640円+電気代500円だけで済んでしまうのです。

他社と年額で比較すると?

月額
月額料金+電気代
年額
月額料金+電気代
x12
ハミングウォーター 3,775 45,300
Locca 3,180 38,160
Skitto 3,140 37,680

大人気ウォーターサーバー「ハミングウォーター」とSkittoの次に安い「Locca」、そして「Skitto」を年額で比較してみました。

SkittoとLoccaの差は500円。

ちなみにハミングウォーターは出荷手数料(2,200円)が、Loccaは初期費用(3,330円)が初月のみかかります。

キャンペーン次第でその他費用がなくなることも多いですが、Skittoはそういったその他費用が一切かかりません。

余分なお金を払わず、家計の負担もSkittoなら軽く済ませられます。

【デメリット】少し気になったSkittoの残念ポイント

しずくりあSkittoのデメリット

Skittoで人によってはデメリットと感じるだろうポイントもあります。

実際に使って気になったのは以下の点です。

  • 常温水がない
  • 本体サイズが全体的に小さい(コンパクト)
  • 契約期間が長い

これらをそこまでデメリットと感じないという人は、かなりSkittoに向いてると思います。

具体的に見ていきましょう。

デメリット1:常温水がない

Skittoのデメリット1:常温水がない

Skittoには常温水がありません。

常温水があるウォーターサーバーで慣れている人にとっては、少しデメリットに感じるでしょう。

ただしSkittoにはエコモード+再加熱機能で5段階の温度調整が可能。

常温水がなくてもそこまで困ることはないかもしれません。

デメリット2:本体サイズが全体的に小さい(コンパクト)

Pitto Skitto
高さ 1m20.4cm 1m5cm
26cm 25cm
奥行き 42.2cm 35cm

しずくりあシリーズのPittoと本体の大きさを比較すると、やはり高さが大きく違いますね。

170cmの男性を横に立たせると、ちょうど腰のあたりに頭がくる感じです。

背の高い方にとっては屈みながら水を入れることになるので、少し窮屈かもしれません。

ただ、サーバー上部にボタンがあるので操作のしづらさは全くありませんでした。

※操作ボタンが上部にあるといいこと
Skittoはボタンで出水など操作をしますが、そのボタンはサーバー上部にあります。これの何がいいかというと、簡単に子どもが操作できないという点です。よくあるウォーターサーバーの事故や悩み事として、子どもが誤って熱湯を出して火傷したり、そこら中が水浸しになったりなど、とても多いのが事実。ただしボタンが上部にあるだけで子どもは操作しづらくなるので、そういった心配も少なくなるでしょう。

-ウォーターサーバー
-,