※表示価格は全て消費税込みの総額表示です。また本サイトはプロモーションを含んでいます。

青汁

青汁を飲み続けるとどうなる?効果的な飲み方と選び方のポイント

更新日:

青汁を飲み続けると

青汁は栄養豊富な健康飲料として人気ですが、「青汁を飲み続けるとどんな効果があるの?」「飲み方のコツは?」「どう選べばいいの?」など、疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

本記事では、青汁の基本的な情報をおさえつつ、飲み続けるメリットや効果的な飲み方、選び方のポイントをくわしく解説します。

また、編集部おすすめの青汁商品も紹介するので、自分に合った青汁選びの参考にしてください。

毎日の健康維持に青汁を活用したい方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

青汁とは?主な原料と栄養素

青汁

青汁とは、大麦若葉やケールなどの緑黄色野菜を主原料とした健康飲料です。粉末状やペースト状の製品が多く、水や牛乳に溶かして飲むのが一般的です。

現代人は食生活の乱れから、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が不足しがちです。しかし、毎日の食事で十分な野菜を摂るのは難しいという人も多いでしょう。

そこで、不足しがちな栄養素を手軽に補えるのが青汁の大きな特徴です。

また、青汁は、抗酸化作用を持つSODや葉緑素、腸内環境を整える食物繊維など、野菜特有の成分も豊富に含んでいます。

そのため、健康維持や美容、ダイエットなどを目的として、多くの人に愛用されているのです。

忙しい現代人の食生活を手軽にサポートしてくれる青汁は、まさに現代社会にマッチした健康飲料と言えるでしょう。

青汁の原材料として使われる主な野菜

青汁は、大麦若葉やケール、明日葉など、栄養価の高い野菜を原材料としています。これらの野菜は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでおり、現代人の野菜不足を解消するのに適しています。

【大麦若葉】
ビタミンA、C、カルシウム、鉄分、クロロフィルなどの栄養素が豊富。これらの栄養素は、体内の酸化ストレスを軽減する効果が確認されています。

【ケール】
ビタミンK、C、A、カルシウムなどの重要な栄養素を含有。特にビタミンKは、骨の健康維持に役立つことが知られています。

【明日葉】
カリウム、クロロフィル、カルコンなどが含まれます。カリウムは体内の電解質バランスを整え、クロロフィルは体内の浄化をサポートすると示唆されています。

この他にも、モロヘイヤ、スピルリナ、クロレラなども青汁の原材料として使われることがあります。これらの野菜も、ビタミンやミネラル、クロロフィルなどの栄養素を含んでおり、栄養バランスの向上に貢献します。

青汁は、このような栄養価の高い野菜を手軽に摂取できる健康飲料なのです。

青汁に含まれる主な栄養素とその働き

青汁に使われる野菜には、私たちの健康維持に欠かせない様々な栄養素が含まれています。ここでは、それらの栄養素の種類と働きについて見ていきましょう。

【ビタミン類】
・ビタミンC:抗酸化作用があり、免疫機能のサポートや肌の健康維持に役立ちます。
・ビタミンA:視力の保護、皮膚や粘膜の健康をサポートし、免疫系の正常な機能にも寄与します。
・ビタミンK:血液の凝固に必要で、骨の健康にも重要な役割を果たします。
・ビタミンE:強力な抗酸化作用を持ち、細胞の老化防止に貢献します。

【ミネラル類】
・カリウム:細胞内外の電解質バランスを保ち、高血圧の予防に役立ちます。
・カルシウム:骨や歯の形成に必要で、神経伝達や筋肉の収縮にも関与します。
・鉄分:血液のヘモグロビンを構成し、酸素の運搬に重要な役割を果たします。

【食物繊維】
食物繊維は、消化されにくいため、腸内の健康を保つのに役立ちます。便通を良くし、腸内環境を整える効果があります。また、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることも知られています。

【その他の有用成分】
・βカロテン:ビタミンAの前駆体で、抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。免疫機能の強化や、がん予防に役立つ可能性が示唆されています。
・クロロフィル:植物の光合成に不可欠な色素で、血液浄化や消臭効果が期待されています。

これらの栄養素は、青汁の原材料である大麦若葉、ケール、明日葉などに豊富に含まれています。青汁を飲むことで、これらの栄養素を手軽に摂取することができるのです。

ただし、青汁だけに頼るのではなく、バランスの取れた食事全体の中で、野菜を十分に摂取することが大切です。青汁は、不足しがちな栄養素を補う役割として活用するのが賢明でしょう。

青汁を飲み続けるメリット

青汁

青汁の原材料である大麦若葉やケール、明日葉などの野菜には、私たちの健康維持に必要な栄養素が豊富に含まれています。

しかし、これらの野菜を日常的に食卓に上げるのは、なかなか大変なことです。

まず、これらの野菜の中には、スーパーではあまり見かけないものもあります。入手するために、専門店に行ったり、通販を利用したりする必要があるかもしれません。

また、せっかく手に入れても、調理方法に工夫が必要です。茹でたりスムージーにしたりするのも手間がかかります。

さらに、「良薬口に苦し」と言うように、健康に良いとされる野菜ほど、独特の苦みや青臭さがあるものです。

つまり、野菜不足はわかっていても、忙しい現代人のみなさんが、毎日野菜のまま食べ続けるのは、なかなか難しいのです。

そんな時、青汁はとても便利な存在です。粉末やペースト状になっているので、水や牛乳に溶かすだけで手軽に飲めます。味も飲みやすいように調整されているので、野菜が苦手な人でも続けやすいのです。

つまり、青汁は、野菜不足という現代人の課題を手軽に解決してくれる存在なのです。青汁を飲み続けることは、健康的な生活習慣を維持するための賢明な選択と言えるでしょう。

もちろん、青汁だけに頼るのは良くありません。できるだけ生の野菜も食事に取り入れることが大切です。ですが、それが難しい時は、青汁で野菜不足を補うことができるのです。

健康的な生活のために、青汁を上手に活用してみてはいかがでしょうか。

青汁の効果的な飲み方

青汁

青汁を飲み続けるためには、毎日の習慣として定着させることが大切です。1日の摂取量は、商品によって異なりますが、一般的には1〜3杯程度が目安とされています。

朝食時や食間、就寝前など、自分のライフスタイルに合わせて飲みやすいタイミングを見つけましょう。

青汁の味が苦手な方は、牛乳や豆乳、フルーツジュースなどと混ぜることで、飲みやすくなります。また、ヨーグルトやスムージーに混ぜるのもおすすめです。

ただし、青汁を溶かす際は、熱湯は避けましょう。熱に弱い酵素が破壊されてしまう可能性があります。常温または冷たい水や牛乳などに溶かすのが最適です。

青汁の選び方のポイント

青汁

青汁選びで重要なのは、原料の質と製法です。国内産の大麦若葉やケールを使用し、農薬や化学肥料を使わない有機栽培原料を選ぶのがおすすめです。

また、加工過程で高温処理をしていない商品や、添加物を使用していない無添加の商品を選ぶことで、より栄養価の高い青汁を摂取できます。

粉末タイプの青汁は、品質保持のために開封後は冷蔵庫で保管し、なるべく早く消費するようにしましょう。

価格も選ぶ際の重要なポイントですが、安さだけでなく、原料の質や製法、栄養価のバランスを総合的に判断することが大切です。

口コミや評判を参考にするのも良いでしょう。ただし、個人差があることを理解し、自分に合った青汁を見つけることが何より重要です。

おすすめの青汁商品紹介

粉末青汁の野菜ソムリエおすすめ3選

青汁は粉末タイプがおすすめです。

一日一袋と目安が分かりやすく、水以外へのアレンジ・応用が効きます。

ここで紹介する青汁は全て粉末状。その中でも以下の3つが編集部が厳選したおすすめ青汁です。

  • ボコとデコ(boco to deco)
  • ドクターベジフル青汁
  • 美長命青汁

それぞれご紹介していきます。

おすすめ1位:ボコとデコ(boco to deco)

青汁ボコとデコ

ボコとデコの詳細
料金 3,330円(定期コース/送料無料)
3,700円(単品/送料無料)
内容量 1袋3g x 20本
形状 粉末タイプ
使用している原材料 明日葉(あしたば)100%

おすすめ2位:100%九州産野菜のドクターベジフル青汁

ドクターベジフル

ドクターベジフル青汁の詳細を見る
料金 1,950円(25日定期コース / 初回価格 / 送料無料)
内容量 1袋3g x 30本
形状 粉末タイプ
使用している原材料 ケール
大麦若
桑の葉
その他産地直送野菜18種

おすすめ3位:長命草100%完全無添加青汁の美長命青汁

美長命青汁

美長命青汁の詳細を見る
料金 980円(お試し / 初回価格 / 送料無料)
内容量 1袋1.5g x 30本
形状 粉末タイプ
使用している原材料 長命草

青汁を飲み続ける上での注意点

青汁は栄養価が高い反面、豊富な食物繊維を含むため、いきなり大量に摂取すると お腹が緩くなる可能性があります。

初めて飲む場合は、少量から始めて徐々に量を増やしていくのがおすすめです。

また、特定の医療条件がある方や、薬を服用中の方は、事前に医師に相談するのが安全です。

青汁に含まれるビタミンKは、血液凝固に関与するため、血液凝固阻止薬(ワルファリンなど)を服用中の方は、注意が必要です。

アレルギーのある方は、原材料をよく確認し、心配な場合は飲む前に医師に相談しましょう。

まとめ:自分に合った青汁を見つけて継続的に

青汁は、栄養価の高い野菜を手軽に摂取できる健康飲料です。

ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素を豊富に含み、現代人の不足しがちな栄養を補うのに役立ちます。

飲み方のコツは、自分のライフスタイルに合わせて継続しやすい方法を見つけること。

選び方のポイントは、原料の質、製法、栄養価のバランスなどを総合的に判断することです。

体調に合わせて適量を飲み続けることで、青汁の栄養パワーを効果的に取り入れられるでしょう。

-青汁

今月のイチオシ記事
人気ウォーターサーバーを検証

エブリィフレシャスの口コミを検証ウォータースタンドの口コミを検証ハミングウォーターの口コミ・評判クリクラの口コミ・評判プレミアムウォーターの口コミ・評判フレシャスの口コミ・評判コスモウォーターの口コミ・評判

人気シャワーヘッドを検証

ミラブルとリファの比較記事
ミラブルの口コミが悪い理由を解説
ミラブルゼロの実際の使用感や口コミからわかった魅力やデメリット・ミラブルプラスとの比較
リファファインバブルSの口コミをレビュー

人気飲料水を検証

飲むシリカの効果や口コミ・評判を検証温泉水99の口コミを解説コンブチャクレンズをレビュー豊潤サジーをレビュー

今週の新着トピック