※表示価格は全て消費税込みの総額表示です。また本サイトはプロモーションを含んでいます。

青汁

どんな野菜が使われてる?青汁の原材料

更新日:

緑黄色野菜

多くの現代人が直面する野菜不足、その手軽な解決策として青汁が注目されています。ところで、青汁には実際の所、どのような野菜が使われているのでしょう。

この記事では、青汁の原材料として使用される野菜の種類とその栄養素をご紹介します。大麦若葉から明日葉にケール、スピルリナまで、私たちの健康を支える野菜たちの特徴を確認し、青汁がいかにして野菜不足を補えるのかを明らかにします。

野菜不足に悩むあなたに、青汁が新たな解決策となるかもしれません。

どこから来た?青汁が野菜不足に役立つイメージ

青汁が野菜不足を補う手段として広く認知されるようになった背景には、現代人の生活習慣の変化が深く関わっています。

食生活の変化が現代人の野菜不足をもたらし、大ヒットした「まずい、もう1杯」のTV CMが青汁が野菜不足の解消に役立つイメージを定着させてきた経緯があります。

野菜不足のイメージ

野菜不足になりがちな現代人の生活

現代社会の忙しさと食生活の変化は、多くの人が日々の野菜摂取量を確保することを難しくしています。

加工食品の増加や外食の利用によって、新鮮な野菜を十分に摂取する機会が減少するからです。

こうした状況から現代人は野菜不足と言われるようになり、それを補う手段が求められるようになりました。

野菜不足を補いたいというニーズに応える形で登場した青汁は、多忙な日常でも手軽に野菜の栄養を補給できる手段として受け入れられてきました。

「まずい、もう1杯」で定着した青汁のイメージ

1990年にはじまった、俳優・八名信夫さんの「まずい、もう一杯!」のCMでブレイクしたキューサイの青汁。これが、青汁という健康食品の認知に大きく貢献しました。

孔子の書から来たとされる「良薬口に苦し」ということわざがありますよね。「まずい、もう1杯」には、健康に良いものという裏のメッセージが強烈に込められているわけです。

一方で、青汁には健康に役立つが苦い・まずいというイメージが付きまということになりました。現在出回っている青汁商品は、味が調整され飲みやすくなっているものがほとんどです。

青汁の原材料につかわれる主な野菜

青汁の人気の秘密は、その栄養豊富な原材料にあります。野菜不足を解消し、日々の健康維持をサポートするために選ばれる野菜には、特有の特徴と豊富な栄養素がふくまれています。

ここでは、青汁につかわれる主要な野菜の種類と、それぞれが持つ特徴及び主な栄養素について解説します。

緑黄色野菜

大麦若葉の特徴と主な栄養素

大麦若葉はビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄分、クロロフィルなど、多様な栄養素を含んでいます。

これらの栄養素は、体内での酸化ストレスを軽減する効果が確認されており、大麦若葉はこれらの栄養素を豊富に含むことから、健康維持に役立つと考えられています。

\ くわしく知りたい! 大麦若葉 /ビールの原料というイメージがある大麦ですが、青汁の原材料に使われるのは「大麦若葉」。若い大麦の葉から作られるこの粉末は、栄養面で全く異なります。大麦が若く、栄養価が最高潮に達する時期に収穫され、乾燥・粉末にして健康食品等に活用されているのです。
>> なぜ注目?栄養豊富な「大麦若葉」

大麦若葉

ケールの特徴と主な栄養素

ケールはビタミンK、ビタミンC、ビタミンA、カルシウムなど、重要な栄養素を含んでいます。特にビタミンKには、骨の健康を支える効果が確認されています。

ケールに豊富に含まれるこれらの栄養素は、体の様々な機能をサポートすることが示されています。

\ くわしく知りたい! ケールという野菜 /独特な見た目と栄養価の高さで注目される「ケール」。大きくて波打った葉を持ち、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンKなどの栄養素を豊富にふくむことが知られています。
>> 青汁に使われる“ケール”ってどんな野菜?含まれる栄養素や食べ方を紹介
ケールの栽培風景

ケールの栽培風景

明日葉の特徴と主な栄養素

明日葉にはカリウムやクロロフィル、カルコンなどが含まれています。カリウムには、体内の電解質バランスを正常に保つ効果があります。

また、クロロフィルには、体内の浄化をサポートする働きがあることが示されています。明日葉がこれらの栄養素を含むことにより、健康維持に寄与する可能性があります。

\ くわしく知りたい! 明日葉 /切った葉が翌日には新しい葉を出す生命力の強さが名前の由来。ビタミンやミネラルを豊富に含み、特にカルコン類という抗酸化物質を持っていることで注目されています。
>> 青汁に使われる“明日葉(あしたば)”ってどんな野菜?ふくまれる栄養や食べ方を紹介
明日葉の天ぷら

明日葉の天ぷら

モロヘイヤ、スピルリナ、クロレラなどの栄養素

モロヘイヤにはビタミンA、C、Eが含まれ、これらのビタミンには抗酸化作用があることが知られています。

スピルリナはタンパク質とビタミンB12を豊富に含み、これらにはエネルギー代謝をサポートする効果が確認されています。

クロレラに含まれるクロロフィルには、体内環境を整える作用があることが示されています。

これらの栄養素を含むモロヘイヤ、スピルリナ、クロレラは、青汁を通じて摂取することで、栄養バランスの向上に貢献する可能性があります。

なぜ青汁が野菜不足解消に適しているのか

現代の忙しい生活の中で、必要な量の野菜を毎日摂取することは簡単ではありません。

新鮮な野菜を毎食取り入れることが理想ですが、購入、保存、下処理といった手間や時間が必要になります。

これに対し、青汁は野菜不足を手軽に、効率的に解消する選択肢を提供します。

ミキサー

青汁の栄養吸収率の高さ

青汁の製造過程では、野菜や藻類の細胞壁が破壊されるため、栄養素が吸収しやすくなります。

この加工によって解放されるビタミンやミネラルは、生の野菜を食べる場合や自宅でミキサーにかけた場合と比較して、体内での利用効率が高まります。

この点が、青汁が栄養補給手段として優れている理由のひとつです。

忙しい日常生活における青汁の便利さ

新鮮な野菜を毎日の食事に取り入れるには、時間と手間がかかります。一方で、青汁は準備時間がほとんど必要なく、保存も容易です。

青汁なら、忙しい朝や仕事の合間、外出先でも手軽に栄養補給が可能です。この便利さは、日々の野菜不足を解消する上で、大きなメリットとなります。

直接野菜を食べる場合と比較した青汁の利点

青汁のもう一つの利点は、複数の野菜の栄養を一度に摂取できる点です。

通常、様々な種類の野菜を購入し、調理することは時間とお金がかかります。しかし、青汁一杯で、それら多種多様な野菜の栄養素を効率的に摂取できます。

また、青汁は季節や地域に左右されずに、一年中安定した栄養価を提供することができるため、野菜が不足しがちな時期や地域に住んでいる人々にとっても、大きなメリットでしょう。

このように、青汁は野菜不足を解消するための手軽で効率的な方法として、多くのメリットを提供します。

毎日の野菜摂取を心がけることは重要ですが、青汁を利用することで、忙しい中でも栄養バランスの良い生活をサポートすることが可能です。

青汁に使われる野菜の種類と、それらの栄養を青汁で摂取するメリット

青汁に使われている様々な野菜や藻類は、大麦若葉、ケール、明日葉、モロヘイヤ、スピルリナ、クロレラなど、それぞれが持つ豊富な栄養素を豊富に含んでいます。

これらの成分は、ビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質など、日々の食事で摂取しづらい栄養素を効率良く補うことが期待されます。

青汁には、効率的な栄養摂取を可能にし、新鮮な野菜の調達や調理にかかる時間と手間を省くメリットがあります

また、季節に左右されず一年中安定して栄養を摂取できること、さらには複数の野菜や藻類から得られる栄養の多様性により、バランスの取れた食生活をサポートします。

これらの点から、青汁は忙しい現代人にとって、野菜不足解消のための手軽で効率的な解決策と言えるでしょう。

-青汁
-, ,

今月のイチオシ記事
人気ウォーターサーバーを検証

エブリィフレシャスの口コミを検証ウォータースタンドの口コミを検証ハミングウォーターの口コミ・評判クリクラの口コミ・評判プレミアムウォーターの口コミ・評判フレシャスの口コミ・評判コスモウォーターの口コミ・評判

人気シャワーヘッドを検証

ミラブルとリファの比較記事
ミラブルの口コミが悪い理由を解説
ミラブルゼロの実際の使用感や口コミからわかった魅力やデメリット・ミラブルプラスとの比較
リファファインバブルSの口コミをレビュー

人気飲料水を検証

飲むシリカの効果や口コミ・評判を検証温泉水99の口コミを解説コンブチャクレンズをレビュー豊潤サジーをレビュー

今週の新着トピック