ウォーターサーバー

アクアソムリエが選ぶ!安くて安全なウォーターサーバー&失敗しない選び方

更新日:

安いウォーターサーバー

ウォーターサーバーはどれだけ安くても決しておすすめできないメーカーもあります。

そこで「安心して利用できる安いウォーターサーバー」をアクアソムリエに選んでいただきました。

今回ピックアップしているメーカーであれば失敗することはないでしょう。

しっかりアクアソムリエとして自信を持っておすすめできる安いウォーターサーバーになります。

この記事の監修者
アクアソムリエ
久保 仁
株式会社WaterServer従業員、アクアソムリエ
監修者の久保仁
株式会社WaterServerの従業員でありながら、自身もアクアソムリエとして活躍中。愛用しているウォーターサーバーは現在10台目。(※当サイトは3名のアクアソムリエ監修のもと運営しております。)

安くて信頼できるウォーターサーバーを厳選!

アクアソムリエのコメントウォーターサーバーでは主に3種類の水を飲むことができます。
「天然水・RO水・水道水(浄水したもの)」
ウォーターサーバーを選ぶときはまず飲みたい水の種類を決めましょう。

まずは水の種類を選ぼう

天然水 – ミネラルたっぷり

ミネラル成分をしっかり摂取したい方には天然水がおすすめです。

ウォーターサーバーの天然水は、水質が良く水量も豊富な全国各地の水源地から選ばれています。

採水地によって水に含まれるミネラル成分が違いますので、硬度も味も違います。

健康的に水分を摂取したい方にはおすすめです。

RO水 – 赤ちゃんにおすすめ

RO水は品質が一定のため「赤ちゃんがいるご家庭には特におすすめ」です。

RO水は天然水や水道水をRO膜という超微細孔のフィルターでろ過し、不純物を取り除いたもの。

赤ちゃんに有害といわれている残留塩素やトリハロメタンもRO水には含まれておりません。

また、天然水はミネラル成分が自然由来なので時期によりミネラル含有量が多少変わることがあります。

しかし、RO水は一年中品質が安定しているため赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

浄水 – 自宅の水道水をおいしくろ過

水の種類やミネラルなどは気にせず、とにかく安くて安心できる水が良いという方におすすめです。

自宅の水道水といっても、専用フィルターでしっかり不純物を除去した水になります。

水代はかかりませんので料理にもたっぷり使えて便利です。

水道水をそのまま飲むのが嫌な方は浄水にしましょう。

安くて安心できるウォーターサーバー7選

順位 メーカー 月額料金
1 アルピナ 2,672円 RO水
2 ハミングウォーター 2,900円 浄水
3 アクアセレクト 2,900円 天然水
4 信濃湧水 3,000円 天然水
5 クリクラ 3,121円 RO水
6 アクアクララ 3,400円 RO水
7 コスモウォーター 3,800円 天然水

4,000円以下で安くて信頼できるメーカーはこの7社です。

月額料金はお水代+サーバーレンタル代+メンテナンス代の合計です。

ウォーターサーバーの相場は?

ウォーターサーバーにかかる費用の相場は天然水とRO水(ピュアウォーター)で違います。

天然水 3,600円~4,500円
RO水 3,000円~3,800円

今回、厳選した7つのウォーターサーバーは全て相場からすると安いことが分かりますね。

1位:断トツで安いのはアルピナウォーター

アルピナウォーター

月額料金 2,672円
お水代 2,100円(12L×2本=24L)
サーバーレンタル代 572円
お水の種類 RO水

アルピナはウォーターサーバー業界で最安値です。

お水は北アルプスの天然水をろ過したRO水になります。

さらにアルピナの凄いところは「注文ノルマがない」ことです。

ウォーターサーバーはほとんどのメーカーで毎月の注文ノルマ(最低注文本数)があるので、お水を飲み切れずボトルが溜まってしまうことも珍しくありません。

自分のペースで注文できることは本当に助かります。

2位:浄水型のハミングウォーター

ハミングウォーターのオリジナル画像

月額料金 定額2,900円
お水代 0円
サーバーレンタル代 無料
お水の種類 水道水をろ過した浄水

人気急増中のハミングウォーターは自宅の水道水を専用フィルターでろ過することによって、おいしい水が飲めるウォーターサーバーです。

お水代は自宅の水道水を使用するため「どれだけ飲んでも2,900円の定額料金」です。

また、常温水が飲めるのもポイントですね。

メンテナンス費用やろ過フィルター専用も全て無料になりますので安いです。

3位:天然水で業界最安級のアクアセレクト

アクアセレクト

月額料金 2,900円
お水代 2,900円(12L×2本=24L)
サーバーレンタル代 無料
お水の種類 天然水

天然水が飲めるウォーターサーバーでは業界最安値になります。

ボトル1本12Lで1,450円と破格ですね。

その分、デザインもシンプルで機能も必要最低限しか搭載していません。

無駄なコストをかからないようにしているので、天然水がここまで安くで提供できるのでしょう。

4位:天然水の信濃湧水

信濃湧水

月額料金 3,000円
お水代 3,000円(11.4L×2本=22.8L)
サーバーレンタル代 無料
お水の種類 天然水

4位は天然水の信濃湧水です。

ダブルチャイルドロック機能が付いており、小さいお子さまがいる家庭でも安心して利用できます。

お水の値段が3,000円になり、1本あたりの容量が11.4Lになるので3位にしました。

5位:宅配水のクリクラ

月額料金 3,121円
お水代 2,704円(12L×2本=24L)
サーバーレンタル代 無料
安心サポート料 417円/月
お水の種類 RO水

ウォーターサーバーでは非常に有名な「クリクラ」ですが、意外にも安さでは4位です。

同じくRO水が飲めるアルピナの方が約450円安いですが、クリクラにはお得なキャンペーンがたくさんあります。

実際に使用してから決めることができる「無料お試し」や赤ちゃん向けプランで最大9本のボトルが無料になる「クリクラママ」があります。

さすが大手のキャンペーン内容ですね。

6位:アクアスリム(アクアクララ)

アクアスリム

月額料金 3,400円
お水代 2,400円(12L×2本=24L)
サーバーレンタル代 無料
安心サポート料 1,000円/月
お水の種類 RO水

RO水のウォーターサーバーとして有名な「アクアクララ」です。

未就学児の子供がいる家庭であれば毎月500円割引になる「子育てアクアプラン」がありますので、2,900円と安いです。

また、注文ノルマがないウォーターサーバーですので、ボトルが溜まる心配もいりません。

7位:天然水のコスモウォーター

コスモウォーターの料金プラン

月額料金 3,800円
お水代 2,800円(12L×2本=24L)
サーバーレンタル代 無料
お水の種類 天然水

どうしても安いウォーターサーバーはデザインがシンプルになりがちですが、その中でも安くておしゃれなコスモウォーター。

さらに高機能でお水の交換が足元で可能です。

今回厳選した安いウォーターサーバーの中では非常におしゃれで便利な1台です。

安いウォーターサーバーを契約後によくある失敗

お水の料金だけを見て判断すると失敗することが多いです。

ウォーターサーバーにはメーカーによって様々な料金が発生します。

お水以外の料金①配送料
②サーバーレンタル料
③メンテナンス料

今回、厳選しているウォーターサーバーはもちろん上記3つを重視して選んでいます。

トータルで発生する費用をしっかり把握して契約しましょう。

ウォーターサーバーの電気代はいくら?

ウォーターサーバーは当然、電気代もかかります。

ウォーターサーバーの電気代は1ヵ月平均1,000円ほどになりますが、エコ機能付きのサーバーであれば月330円~まで節約できます。

今回、厳選したフレシャスのスラットはなんと電気代が380円(エコモード使用時)になります。

トータルコストを下げるには省エネ機能も必須です。

※詳しくはウォーターサーバーの電気代比較で一覧にして見やすくまとめています。

サーバーのレンタルは有料と無料でなにが違うの?

新型モデルや高性能サーバーの場合はレンタル料が発生することが多いです。

また、お水の料金が安いメーカーはサーバーレンタル料が高いケースもあるので注意です。

反対にレンタル無料の場合はお水の料金が高く設定されていることが多いです。

契約する際には必ずこれら費用を確認しておきましょう。

毎月の購入ノルマに注意

そもそも購入ノルマとは「月にお水を最低◯本以上注文しなければいけない」といった決まりのことです。

この注文ノルマを把握せずに契約をして、お水が消費できずにどんどん溜まっていくケースは非常に多いです。

ウォーターサーバーあるあるですね。

また、ノルマがないウォーターサーバーでもサーバーレンタル代やサポート費用だけが発生することもあります。

注文ノルマなしのサーバー

次の2つの注文ノルマがないウォーターサーバーでおすすめできるメーカーです。

機種 レンタル代金・サポート費用
アルピナ 572円
アクアクララ 1,000円~

お水が溜まってしまいそうな方は注文ノルマがないウォーターサーバーを選びましょう。

家族構成別の料金シミュレーション

ウォーターサーバーの月々のコストは家族構成によって大きく変わります。

そこで、アルピナ(RO水)とアクアセレクト(天然水)を使用した場合にかかる家族構成別の料金をまとめました。

アルピナ(RO水)の場合

アルピナのオリジナル画像

家族構成 月額料金 ※ 使用量 ボトル数
1人暮らし 2,672円 800mℓ/日 2本/月
2人家族 2,672円 1ℓ/日 2本/月
3人家族
夫婦+子供
3,722円 1.2ℓ/日 3本/月
3人家族
夫婦+赤ちゃん
4,772円 1.6ℓ/日 4本/月
4人家族
夫婦+子供2人
4,772円 1.6ℓ/日 4本/月

※)サーバーレンタル料の月572円を含む

1人~2人暮らし

夫婦や同棲カップルのパターンですね。

赤ちゃんや子供がいないケースだと月額料金は安くなります。

共働きで日中に自宅にいない場合も多いので、朝と夜にコップ4杯~6杯分くらいと予想されます。

3人家族(夫婦+子供)

小学生以上のお子様を想定した消費量になります。

自分でウォーターサーバーを操作できるお子様がいると消費量は増えます。

そしてジュースを飲む量が減るというメリットがあります。

これはウォーターサーバーを導入したママさんから良く聞きますね。

多く見積もって1ヵ月に3本としましたが、月に2本以内でもやり繰り可能です。

実際、3人家族で1ヵ月2本注文という方はたくさんいます。

3人家族(夫婦+赤ちゃん)

一番お水の使用量が多くなるのが、赤ちゃんがいる場合です。

お水を粉ミルクに使用するとどうしても減りが早くなります。

粉ミルク以外には使わないようにして1ヶ月2本に抑えているやりくり上手なご家庭もあります。

4人家族(夫婦+子供2人)

意外にも赤ちゃんひとり分と子供2人のボトル消費量と差ほど変わりません。

こちらも使い方次第では安く抑えることは可能です。

アクアセレクト(天然水)の場合

アクアセレクト

家族構成 月額料金 使用量 ボトル数
1人暮らし 2,900円 800mℓ/日 2本/月
2人家族 2,900円 1ℓ/日 2本/月
3人家族
夫婦+子供
4,350円 1.2ℓ/日 3本/月
3人家族
夫婦+赤ちゃん
5,800円 1.6ℓ/日 4本/月
4人家族
夫婦+子供2人
5,800円 1.6ℓ/日 4本/月

アクアセレクトは天然水になりますので、アルピナよりは少し割高になります。

それでも天然水ウォーターサーバーの中では群を抜いて安いです。

サーバーレンタル料・配送料・メンテナンス代が無料なので、かかる費用はお水代だけになります。

この記事のまとめ・まずは水の種類を選ぶ
・安くて安全なウォーターサーバーはそこまで多くない

-ウォーターサーバー