飲料水

人参ジュースの効果!飲んではいけない人がいる?野菜ソムリエが選ぶおすすめ6選!

更新日:

人参ジュースの効果・効能を解説

手軽に買えて、野菜が摂取できる人参ジュース。

人参はβカロテン(ベータカロテン)という栄養素が豊富に含まれた優秀な野菜です。

飲みやすいものが増えている一方で、その効果が気になるところですよね。

本記事では、野菜ソムリエが人参ジュースの効果と、目的・成分別で選ぶおすすめの野菜ジュースを紹介いたします。

この記事の監修者情報
野菜ソムリエ
木村 彩華
監修者:野菜ソムリエ・ヘルスフードカウンセラーの木村彩華(きむら あやか)
野菜ソムリエ、フリーランスのライター、カメラマンとしてマルチに活躍中。料理教室や医大に通っていた経験から信用できる情報提供を目指している。

人参ジュースの栄養や効果・効能とは?

人参ジュースにはどんな効果がある?

人参ジュースに多く含まれる「βカロテン」や「カリウム」などの栄養素によって、以下の6つの効果が期待できます。

1.アンチエイジング効果

緑黄色野菜の代表である人参には、βカロテンという成分が豊富に含まれています。

人参ジュース100gに含まれるβカロテンは4500μg。

トマトジュース100gに含まれるβカロテンは310μgになるので、その量は約15倍と驚きです。

そんなβカロテンは体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAは強い抗酸化作用をもたらすのが特徴。老化の原因になる体内の活性酸素の発生を抑えて、抵抗力を高めます。

つまり、健康な体を維持するために積極的に摂りたい栄養素ですね。

2.肌質改善

人参ジュースを摂取する目的として美肌効果を期待している方も多いのではないでしょうか。

ビタミンAには皮膚や粘膜を健康に保つ効果もあります。

紫外線のダメージを受けた肌を修復してくれるため、肌質改善を期待できるでしょう。

肌を守るのも作るのも、食の要素は外せません。

人参ジュースは健康だけでなく、美容にも効果がある嬉しいジュースです。

3.視力の強化

人参ジュースに含まれるビタミンAは、目にとっても重要な栄養素の一つです。

老眼の改善やドライアイのケアにも効果が期待できます。

小さいお子さんからご高齢の方まで、幅広く摂りたい栄養素です。

4.むくみ改善

人参ジュースに含まれるカリウム。これがむくみ改善に役立つ栄養素です。

人参ジュース100gに含まれるカリウムは約280mg。

トマトジュースは100gあたり約260mgですから、比較しても人参ジュースの方がカリウムが多く含まれます。

ナトリウム(塩分)を身体の外に排出したり、血圧を下げる効果があるカリウム。結果としてむくみ改善につながります。

ナトリウム(塩分)を多く摂りがちな現代人にはもってこいです。

5.便秘改善

人参ジュース100gには0.2gの食物繊維が含まれます。

食物繊維は消化・吸収されずに大腸まで届く成分。腸内環境を整えたり、便のかさを増やしたりする働きによって便秘改善が期待できるでしょう。

人参の皮には食物繊維が含まれているため、皮ごと加工している人参ジュースを選ぶのがポイントです。

6.血糖値の急上昇を防ぐ

人参ジュースに含まれる食物繊維は、急な血糖値の上昇を抑える働きがあります。

食後、血糖値が急に上昇すると、糖を処理するインスリンの働きが追いつかなくなります。

インスリンがうまく働かず、余ってしまった等は中性脂肪として蓄えられてしまうのです。積み重なると肥満の原因になり、生活習慣病のリスクも高まります。

血糖値の上昇を緩やかにするためにも、おやつや食前に人参ジュースを飲むのがおすすめです。

人参ジュースを飲んではいけない人はいる?

なぜか人参ジュースを調べていると「飲んではいけない人」というワードが目に入ります。

しかし、人参ジュースには副作用なども一切ありませんので、人参アレルギーでなければ飲んではいけない人はいません。

なぜこのような噂があるのかさえ、分からないくらいです。

人参ジュースはとても健康的な飲み物ですので、是非日々の習慣に取り入れてみてください。

野菜ソムリエが厳選!目的別に選ぶおすすめ人参ジュース6選!

おすすめを紹介

ここでは、目的・成分別で選ぶ、おすすめの人参ジュースを6つ紹介します。

自分に当てハマる目的からピッタリの人参ジュースを選んでみてください。

商品名 目的・効果 β-カロテン
ピカイチ野菜くん お肌の調子が良くない 2380μg/100g
究極の人参ジュース 紫外線対策 2840μg/100g
高βカロテンにんじんジュース 目の疲れ 5000μg/100g
ピカイチ野菜くん(繊維入り) 便秘で悩み中 4140μg/100g
プレミアムキャロット 疲労改善 1920μg/100g
元気いっぱい人参100% 血糖値が気になる 8200μg/100g

※クリックでジャンプします↓

人参の青臭さが苦手な方に:ピカイチ野菜くん

値段 1,560円/本(900ml)
β-カロテン 2380μg/100g
カロリー 43kcal/100g
販売サイト 購入する

栄養たっぷりの人参。でも、「青臭さが気になって飲みにくい」という方も多いでしょう。

そんな人におすすめしたいのがこちらの人参ジュースです。

国産の人参だけではなく、りんご、レモンを使用。「何度も飲んでほしいから味は絶対に譲れない!」という想いから、何度も研究を重ねた黄金比だそうです。

人参の青臭さどころか、甘みがあってとても美味しくいただけます。

水はもちろん、砂糖も不使用のため毎日飲んでも安心です。

素材にあまり熱を加えずに搾るという製法を使用し、栄養の破壊をなるべく減らしています。

とにかく高品質。栄養たっぷりの人参ジュースです。

紫外線対策:究極の人参ジュース

値段 980円/2本(2000ml)
β-カロテン 2840μg/100g
カロリー 41kcal/100g
販売サイト 購入する

近年は女性だけでなく男性も紫外線対策を行う人が増えています。

「強力な紫外線から肌を守りたい」そんな方におすすめしたいのがこちらの人参ジュースです。

人参に含まれるβカロテンから変換されるビタミンAには強い抗酸化作用があります。

この作用によって、紫外線でダメージを受けた皮膚の老化を抑制することが期待できます。

こちらの人参ジュースに使用されている人参は、出口崇仁農園という場所で栽培・収穫されたものです。

なんと通常の人参より2倍の抗酸化作用が含まれています。

さらにビタミンCも通常の人参の2倍です。

ビタミンCは皮膚を構成するコラーゲンの生成を促進します。シミの元になるメラニンの生成を抑える作用があるのも嬉しいポイントです。

市場に出回っている一般的な人参とは比べ物にならないくらい、肌にいい成分が含まれている人参ジュースです。

目の疲れ:高βカロテンにんじんジュース

値段 249円/本(720ml)
β-カロテン 5000μg/100g
カロリー 32kcal/100g
販売サイト 公式サイトで購入する
Amazonで購入する

「最近増えたリモートワークで、パソコンばかりみている」「目の疲れが気になってきた」

そんな方に、こちらの人参ジュースをおすすめします。

商品名にもあるように、βカロテンがズバ抜けて多く含まれています。

コップ1杯(180ml)あたりに含まれるβカロテンは9000~25000μg。これは通常の人参ジュースの約2.3倍~6.5倍です。

βカロテンから変換されるビタミンAは、目にとってとても重要な成分。目の表面にある角膜に涙を保持する粘膜の層を作り、乾燥から守ります。

ドライアイの方、ディスプレイの見過ぎで目が乾燥気味の方などにぜひ勧めたい人参ジュースです。

便秘でお悩み:ピカイチ野菜くん 繊維入り人参ジュース

値段 195円/本(200ml)
β-カロテン 4140μg/100g
カロリー 43kcal/100g
販売サイト 購入する

特に女性は便秘になりやすいもの。女性だけでなく、便秘の悩みをお持ちの全ての方におすすめしたいのはこちらの繊維入り人参ジュースです。

通常であれば破棄する人参の繊維まで丸ごとジュースにしているため、その分食物繊維が豊富です。

通常の人参ジュースと繊維の量を比べてみると、なんと10倍以上。

食物繊維には腸を整える効果があり、便秘の改善が期待されます。

現代人は食物繊維が不足しがち。ぜひこちらの人参ジュースから摂取してみてください。

疲労改善:プレミアムキャロット

値段 142円/本(160ml)
β-カロテン 1920μg/100g
カロリー 38kcal/100g
販売サイト 購入する

疲れが溜まっている方におすすめしたいのがこちらの人参ジュースです。

プレミアムキャロットは食塩・砂糖・香料不使用。人参・レモンの素材の甘味だけです。それにもかかわらず糖度10。

通常の人参ジュースの糖度は8程度ですから、より甘いことがわかります。

もちろん栄養も豊富。βカロテンは通常の人参ジュースの1.2倍です。

とろっと濃厚なプレミアムキャロット、ぜひ試してみてください。

血糖値が気になる:元気いっぱい人参100%

値段 229円/本(195ml)
β-カロテン 8200μg/100g
カロリー 42kcal/100g
販売サイト 購入する

血糖値が気になる方には、こちらの人参ジュースがおすすめ。

高血糖の主な原因は、生活習慣にあると言われています。

運動はもちろん、食事がかなり大事です。トマトベースのジュースに比べて、人参ベースのジュースは糖類が多く含まれています。

そのため、人参ジュースに含まれる糖類は気になりますよね。

こちらの人参ジュースは糖類12g。

他の人参ジュースは13g~14g程度ですから、やや低めです。

リンゴやレモンなどは含まれず人参のみのため、この数値が実現できます。

さらにジュース1本(195g)に含まれる人参はなんと2.2本。βカロテンは16000μgで、栄養も申し分ありません。

この記事のまとめ・人参ジュースは目的別で選ぶ方がいい
・βカロテンとカリウムの含有量に注目する
・無糖で無添加のジュースを選ぶ
〈参考文献〉
・高めの血圧を下げる「GABA」とは?
https://www.dmjegao.com/contents/ingredients/71
・肌の水分を逃しにくくするグルコシルセラミドの力
http://www.pola-rm.co.jp/ceramide/index.html
・カゴメ株式会社 教えて!野菜ジュースのジュースのホント!
https://www.kagome.co.jp/syokuiku/knowledge/honto/
・消費者庁 果実飲料品質表示基準
http://seiryouken.jp/pdf_files/kijun_kajitu_h230930.pdf

-飲料水